【健康予防】過剰摂取になると不健康になる食品や酒の配置を変えた。という介入結果について【医療従事者】

今回は過剰摂取になるアレコレを行動科学でコントロールすることについて

食品、アルコール、煙草など過剰摂取によって非感染性疾患に罹患しやすくなることは既知な事柄です。

知ってるけどやめられない。という言い訳は散々聞いてきました。

国も社会保障費などの兼ね合いから、国民の疾病は無くなれば良いに越したことはないようです。

だったら、それらを購入する場所で、購買意識を変える介入をしてみよう!ということを研究している論文を紹介します。

研究内容

・含まれたすべての研究が食品を調査しました。
アルコールやタバコを調査した人はいませんでした。
大半は実験室環境(14/24)で行われ、成人参加者(17/24)で参加者間デザイン(19/24)で使用されました。
すべての研究は、主に米国(14/24)の高所得国で実施されました。

ほとんどの研究(4/6)で、スナック食品または飲み物を操作しました。
選択結果については、3つの研究(n = 154)からの3つの比較のメタ分析により、より少ないオプションへの曝露により、対象食品の選択が大幅に減少することが判明しました。

消費の結果については、2つの研究(n = 150)からの3つの比較のメタ分析により、より少ないオプションへの曝露により、これらの食品の消費が中程度に減少するが、かなりの不確実性を伴うことがわかりました。

18の研究が近接介入を調査しました。
大部分(14/18)は参加者からスナックまたは飲み物が置かれる距離を変更し、4つの研究は線に沿って出会う食事の構成要素の順序を変更しました。

選択結果については、1回の比較(n = 41)を行う1つの研究のみが特定され、より遠くに置かれた食物はその選択を中程度に減少させることがわかりました。

消費の結果については、12の研究(n = 1098)からの15の比較のメタ分析により、より遠くに置かれた食物への曝露は、その消費の適度な減少をもたらすことがわかりました。

結論


現在のエビデンスは、利用可能な食品オプションの数を変更したり、食品の位置を変更したりすることで、行動の意味のある変化に寄与し、食品環境内でこうした変化を促進する政策措置を正当化できることを示唆しています。ただし、GRADEによって評価されるこの証拠の確実性は低いか、非常に低いです。これらの潜在的に重要な影響についてより確実で一般化可能な結論を可能にするために、実世界の設定でさらに研究が保証され、より広い範囲の食品、ならびにアルコールおよびタバコ製品に介入し、持続的な期間にわたって行われます。

まとめ 

企業側からすると売り上げが下がる介入なので、積極的に行われることはないのかと思われます。

しかし、人が面倒なこと行動を嫌うということが示唆されている結果が出ています。

介入では、過剰摂取になり得る食品の配置を遠ざけることによって、
それらの抱き合わせを減らしたりすることが示されています。


大きなショッピングセンターや食品売り場を想像すると良いのかも。

食品売り場もレジの同線上にお菓子やアルコールを配置しているため、
この条件が当てはまるお店を思い浮かべるこということは難しいです。

それだけ行動科学で考えられている配置なのでしょう。

企業からすれば売り上げを上げるために。
行政からしたら病気の人を減らすために。

解決しないようにも思える介入結果でした。


Hollands GJ、Carter P、Anwer S、King SE、Jebb SA、Ogilvie D、Shemilt I、Higgins JPT、Marteau TM。食品、アルコール、タバコ製品の入手可能性または近接性を変更して、選択と消費を変更します。系統的レビューのコクランデータベース2019、第9号。番号:CD012573。DOI:10.1002 / 14651858.CD012573.pub3。