【米国】で問題とされているラドンと疾病関連性について【医療従事者】

今回は居住と放射性ガスについて

紹介する内容は米国に関することですが、日本でも被災した地域などではそういったことを気にし、別の地域に引っ越すということも良くあった話です。

私にとってはどうでも良い話なのですが、米国ではこういったことを気にしなければならないのか・・・ということを紹介します。

研究内容

ラドンは、岩石や土壌中の放射性金属の自然な崩壊から生じます。
この有害なガスは、床や基礎のひび割れを通して地面から家に移動する可能性があります。
ラドンは放射性粒子を放出する可能性があります。
高レベルの放射性粒子に長時間さらされると、数年後に肺がんを引き起こす可能性があります。

POINT

測定するキットがあるようなので、気になる方はそういったキットを使うと良い。とのこと。

そして、屋内のそれらを改善するヒントとしては、
・空気清浄機
・内分泌かく乱物質の含有が少ない家具などを使う
・子供のおもちゃなどの鉛に気を付ける

だそうで。

まとめ

これらの話と病気の因果関係があるのかは、研究でも言及はされていません。

一種の風評被害として捉えるか重大な問題として捉えるのかは、もっと様々な文献を参照にするしかありませんので、興味のない私も単に「無視していい話」とは言いません。

もし、米国に住む、留学するなどの話がある人はこういった問題を懸念している事実もある。

ぐらいで。