【未成年】の飲酒を予防するための家族予防プログラムのエビデンスについて【医療従事者】

今回は未成年の飲酒を予防するプログラムについて

昭和生まれの人には、未成年のころから酒を飲んでいた。

と自慢げに話される方もおられますが、そんな話をされても何の感情も湧きません。

成長期である未成年には、何らかしらの影響により疾病などの起因になるのかも?
と考えるには予防する方に考えていきます。

そんな予防に対するエビデンスについて紹介します。

研究内容

46の研究(39,822人の参加者)を含め、
27がユニバーサル、12が選択、7が示されています。

アルコール使用の有病率、頻度、または量を報告する研究を含め、結果に応じてメタ分析を実施しました。

全体的なエビデンスの質は低いか非常に低く、説明のつかない高い不均一性がありました。

・家族介入を介入なし/標準治療と比較すると、有病率に介入効果は見られませんでした。
介入なし/標準ケアと比較したアルコール消費量に対する親/家族介入の影響は非常に小さかった。

・親/家族および青年期の介入と若者のみの介入を比較すると、アルコール使用率に差はありませんでした。

この比較のために、メタアナリシスではアルコール使用量を報告する試験をプールできませんでした。

一般に、結果は、普遍的、選択的、および指示された介入の個別のサブグループ分析で一貫したままでした。副作用は報告されていません。

結論


このレビューの結果は、若者を対象とした家族ベースのアルコール使用プログラムには明確な利点がないことを示しています。パターンは結果によってわずかに異なりますが、全体的に、実行された分析のばらつき、不均一性、および数により、介入効果に関する結論が排除されます。証拠を強化し、観察された限界効果を明らかにするには、追加の独立した研究が必要です。

まとめ 

介入にはプログラムの冊子、インターネットによる介入など教育という形で、家族にアプローチされていた内容でした。

家庭環境や育児方針はそれぞれ異なっていますが、飲酒を予防する、飲酒による有病など有益たる情報は得られません。

一方的に未成年にアルコールはけしからん!と思うのではなく、
明確な調査結果から得られた根拠で否定しなければ、未成年の飲酒は無くならないのかもしれません。


Gilligan C、Wolfenden L、Foxcroft DR、Williams AJ、Kingsland M、Hodder RK、Stockings E、McFadyen TR、Tindall J、Sherker S、Rae J、Wiggers J.若者のアルコール使用のための家族ベースの予防プログラム 系統的レビューのコクランデータベース2019、第3号。番号:CD012287。DOI:10.1002 / 14651858.CD012287.pub2。