【片頭痛】を予防するための心理療法のエビデンスについて【医療従事者】

今回は片頭痛を予防するための心理介入について

片頭痛に悩まされている方は多くおられます。

片頭痛持ちと仰る人達の中では、何時症状に襲われるのか?
何か予防する方法はあるのか?改善するのか?ということについて、何か良い方法を探している方もおられます。

西洋医学とは違ったアプローチで片頭痛に対する心理的介入法についてエビデンスがありましたので、紹介します。

研究内容

片頭痛の2482人の参加者を含む21のRCTを見つけ、これらの研究の14からメタ分析データを抽出しました。

国際頭痛障害分類(ICHD)基準に基づく片頭痛のある参加者と、前兆のある人とない人が含まれています。

ほとんどの介入群は、行動療法または認知行動療法の一​​形態でした。
比較群の大部分は、治療、ルーチンケアまたは待機リストではありませんでした。

介入は、1回の20分のセッションから14時間の介入までさまざまでした。

治療後の影響

片頭痛の数または片頭痛のある日数での片頭痛頻度に対する心理的介入の効果の証拠は見つかりません。

レスポンダー率(片頭痛頻度の低下が50%を超える参加者の割合)は、対照と比較して心理的介入を受けた人の方が高かった。

片頭痛強度に対する心理療法の効果は認められませんでした。
片頭痛の持続時間(1日あたりの片頭痛の時間)のデータはありませんでした。
片頭痛薬の使用には影響がなかった。

すべての研究のエビデンスを非常に低い品質と評価しました。

ファローアップ

フォローアップデータを報告した研究は4件のみでした。フォローアップは、介入後4ヶ月から介入後11ヶ月までの範囲でした。
フォローアップの結果に対する影響の証拠はありませんでした。

結論


このレビューは、片頭痛の管理のための心理的介入の21の研究を特定しました。心理的介入が片頭痛の頻度に影響を与えるという証拠は見つかりませんでした。これは、主に短時間の治療に関する4つの研究に基づく結果です。心理的介入を受けた人々は、短期的にレスポンダーとして分類される可能性が2倍でしたが、これは非常に質の低い証拠に基づいており、フォローアップ時のコントロールと比較した心理的介入の効果の証拠はありませんでした。薬物使用、気分、片頭痛関連障害または生活の質に対する心理的介入の効果の証拠はありませんでした。短期または長期の片頭痛頻度に対する心理的介入の効果の証拠はありませんでした。有害事象に関しては、証拠が不十分だったため、結論を出すことができませんでした。研究デザインと報告におけるバイアスの高い不明確なリスク、少数の参加者、パフォーマンスと検出バイアスは、すべての証拠を非常に低い品質と評価したことを意味しました。したがって、心理的介入が成人の片頭痛の管理に効果的であるかどうかを判断するための質の高いエビデンスはなく、心理療法とコントロールの間に違いがあるかどうかは不明であると結論付けています。

まとめ 

結果的には心理療法の介入が有用なのかは言い切れませんが、
何かしらのメリットがあるのかもしれません。

そう思った理由は、心理的介入を受けた人達はレスポンダーとして表記されているように、片頭痛の発生率が下がっていたためです。

それでも根拠性が低いので、心理療法スゲーとはなりませんが、
薬物療法との併用などを検討しながら実践してみても良いのかもしれません。

骨格や筋肉、運動で予防できない人は是非ご検討を。


Sharpe L、Dudeney J、Williams ACDC、Nicholas M、McPhee I、Baillie A、Welgampola M、McGuire B.成人の片頭痛予防のための心理療法。系統的レビューのコクランデータベース2019、第7号。番号:CD012295。DOI:10.1002 / 14651858.CD012295.pub2。