【眼窩リンパ管腫】の介入に対するエビデンスについて【医療従事者】

今回は眼窩リンパ管腫に対する介入について

リンパ管の奇形も要因として挙げられるこの疾患に対する介入について研究されている論文を紹介します。

研究内容

小児および若年成人の眼窩リンパ管腫を治療するための前述の介入(医療または外科)のいずれか2つを比較したRCTはありませんでした。

結論


現在、眼窩リンパ管腫の治療に関する公開されたRCTはありません。これらのタイプの研究がなければ、眼窩リンパ管腫患者に対する医学的および外科的治療の選択肢の有効性に関する結論を引き出すことはできません。眼窩リンパ管腫に関する症例報告と症例シリーズのみの存在は、これらの選択肢の違いに対処し、治療計画を導くのに役立つRCTが必要であることを明確にします。このような試験では、観察、硬化療法、シロリムスの全身療法、シルデナフィルの全身療法、および外科的切除のいずれかの治療選択肢にランダム化された個人間の結果を理想的に比較します。

まとめ

公開されているRCTが無いということですので、頼れるのは眼窩リンパ管腫の治療をした経験のある医師。と考えます。

症例報告などでは、外科的、薬理学的、その他など検討されているものがありそうですので、紹介できる論文が見つかり次第記事にします。

最後に眼窩リンパ管腫について。

眼窩のリンパ管腫(眼窩)は、通常、16歳未満の子供に眼下垂、眼球周辺の腫脹、または軽傷による病変内の出血が見られます。

この状態の人は、美容上の変形、眼球突出、目の動きの制限、圧迫などの他の症状も呈します。

視神経(失明の一種)、および弱視(子供の別の失明)。
これらの視力を脅かす合併症のため、化粧品の外観を損なう、痛みを伴うこともあります。

Patel SR、Rosenberg JB、BarmettlerA。眼窩リンパ管腫に対する介入。系統的レビューのコクランデータベース2019年、第5号。番号:CD013000。DOI:10.1002 / 14651858.CD013000.pub2。