【アプリ】片頭痛を管理するためのおススメアプリ【医療従事者】

今回は片頭痛とアプリについて

頭痛持ちの医療従事者KeiSです。

本格的な頭痛に悩まされ1週間になりますが、かなりきついものですね。

そんな頭痛ですが、自分の生活習慣がトリガーとなっていることもありますので如何に自分のことを知るのか?ということも重要です。

そんな中で使ってみたら便利かも?と思い使い始めたアプリを紹介します。

※自分で作ったものでもないですし、紹介するリリース元は私と何の関係もありません。

アプリを使うヒント

「片頭痛トレーナー」と呼ばれるNIHの新しいアプリで片頭痛をコントロールしましょう。
13歳以上の若者向けに設計されたアプリは、片頭痛の原因を見つけるのに役立ちます。
これは、あなたと医療提供者がそれらを管理するためのパーソナライズされた計画を立てるのに役立ちます。
片頭痛がいつ起こるか、どのくらい続くか、どこに痛みがあるかを記録することができます。
片頭痛が始まる前にどれだけの睡眠、運動、水分を摂取したかを記録することもできます。
習慣を追跡することで、偏頭痛の原因となるものや、偏頭痛の原因を見つけることができます。
「片頭痛トレーナー」は、片頭痛の痛みに対処するためのヒントも提供します。

POINT

アプリでなくとも大丈夫。

大事なことは頭痛が起こる兆しを発見することです。

生活習慣のうち、睡眠、運動、水分、食事などそれらが原因となっていることも考えられます。

まとめ

他のアプリはどうなの?と聞かれましても、紹介しているアプリしか使ったことがありません。

使ってみて自分に合うのかどうかを決めて、やってみてください。


App Storeから無料でアプリをダウンロードして、片頭痛を自分の手にAppleまたはGoogle Play向け。