【フィットネス】なるべくコストをかけずに出来るヒント【医療従事者】

今回は低コストで運動を始めるヒントについて

運動=フィットネスクラブやスポーツジム。という感覚に思われている方もおられるかもしれませんが、実際にはそうでもありません。

私の場合は、マシン類が使いたいので通っていますが、体重を20kg落とした時はコスト0でそれが達成できました。

そんなコスト0から始められるような、低コストでできる運動のヒントを紹介します。

※米国国立図書館より参照にしているものもあるため、
日本では難しいかも?という方法もあります。

ホームジムを造ろう

・ペットボトルなどに水、砂を入れてダンベルを作る

・低い椅子などを活用してステップトレーニングをする

・階段があれば、昇降運動をする

・フィットネス動画や格安のDVDを使って運動する

・安価なアイテムを手に入れる

・\1,000代で使えるトレーニング道具を調達します。
あるいは、フリマなどで手に入れるという手段もアリです。

・スマホアプリを使ってワークアウトを作る(無料のもので)


私の場合は、やっすいメディシンボールを使ったのみで、
後は自重トレーニングを毎日やる。というだけで1年で20kg以上は落としました。

それは、医療従事者で専門家だからでしょ?と言われることもありますが、
そんなに知識のない医療系専門学生の時にそれをやっていましたので関係ありません。


自重トレーニングをする

最近ではYouTubeやInstagramなどで動画としてトレーニングを解説しているものが多いです。

専門的にみると、?となるようなものもありますが、何でもいいので説明のわかりやすさや、独自の基準で動画を選んでマネしてみましょう。

ちなみに私はGACKT氏のトレーニングを実践していました。

低コストでできるフィットネスを探す

・市や町が提供するフィットネス教室に参加する

・地域の施設環境を利用する(公園など)
※海外だと充実してるのですよね~

・市や町が提供している低コストのトレーニング器具のある施設を利用する

公共的なものは抵抗感のある人もおられるかもしれませんが、
1回あたりの金額が数百円で済むような場所もあります。

継続しなければ効果など出てこないフィットネスだと低コストにしたいものです。

まとめ

上記にも書いていますが、私は減量する際にGACKT氏のInstagramで公開しているトレーニングを全部やりました。

1日に5~10分ぐらいで、毎日継続していました。
ランニングなど一切しておりません。
そして、食事も制限などをせずに2歳に食べさせるものと同じものを食べていただけです。

私がやっていたことはマネしやすいかと思いますが、
継続するためのモチベーションも必要になってくるのかと思われます。

私の場合は着たい服を先に買っておいて、少しずつ着れるようにしていった。
というモチベーションで。

運動したいけどお金を掛けたくない。という方はご参考まで。