【健康維持】のために葉酸で小麦粉とトウモロコシ粉を強化したエビデンスについて【医療従事者】

今回は健康増進のため、葉酸で小麦粉とトウモロコシ粉を強化した。について

健康を増進するにあたり、人の意識を改革する必要もありますが、
食品自体の栄養価などを改善することも1つの方法なのかもしれません。

紹介する論文では葉酸を使って強化していましたので、エビデンスについて紹介します。

研究内容

・10件の研究を含めた
4件は定量分析用に提供されたデータ(437名の参加者)
5件の研究が無作為化試験であった(参加者1182人)
3件の研究は非RCTであった(参加者1181人、出生8037人)
2件の研究は、中断時系列(ITS)研究(2,242,438件の1件の研究、1件の未報告)

でした。

6つの研究が中高所得国(中国、メキシコ、南アフリカ)で実施され、1つの研究が低中所得国(バングラデシュ)で実施され、3つの研究が高所得国(カナダ)で実施されました。

7つの研究では、葉酸のみまたは他の微量栄養素で強化された小麦粉を調べました。

3つの研究には、葉酸のみまたは他の微量栄養素で強化されたトウモロコシ粉が含まれています。
介入の期間は2週間から36か月で、ITSの研究には、最大7年間の強化後期間が含まれていました。
ほとんどの研究では、無作為化、盲検化、報告のバイアスの不明確なリスク、および消耗と汚染のバイアスの低/不明確なリスクがありました。

神経管欠損

含まれるRCTのいずれも、結果として神経管欠損を報告しなかった。
1つの非RCTでは、葉酸および他の微量栄養素で強化された小麦粉は、強化されていない小麦粉と比べて、神経管欠損、二分脊椎、脳脊髄腔の発生率が有意に低かったが、無脳症ではなかった。

葉酸の状態

葉酸強化トウモロコシを受け取った妊婦の赤血球葉酸濃度は有意に高かった。

葉酸および他の微量栄養素で強化されたトウモロコシ粉を消費する生殖年齢の女性は、より高い赤血球葉酸塩を有していませんでした。

2つの非RCTにおいて、葉酸および他の微量栄養素で強化された小麦粉を摂取した女性の血清葉酸濃度は、強化されていない小麦粉を摂取した女性と比較して有意に高かった。

ヘモグロビンまたは貧血

子どもを対象としたクラスター無作為化試験では、強化小麦粉フラットブレッドがヘモグロビン濃度に有意な影響を及ぼさなかった。

結論


小麦粉を葉酸で強化すると、神経管欠損のリスクを減らすことができます。ただし、この結果は1つの非RCTでのみ報告されました。小麦またはトウモロコシ粉を葉酸で強化する(つまり、単独で、または他の微量栄養素で)と、赤血球および血清/血漿葉酸濃度が増加する場合があります。葉酸強化小麦またはトウモロコシ粉がヘモグロビンレベルまたは貧血に及ぼす影響の証拠は限られています。このレビューで評価された他の主要な結果に対する小麦またはトウモロコシ粉の葉酸強化の影響は知られていない。副作用の発生に関する報告はありません。このレビューの制限は、少数の研究と参加者、研究デザインの制限、および含まれる研究のデザインと報告方法に起因する証拠の低信頼性でした。

まとめ 

不確実性は残るものの、面白いデータが出ていました。

出生した子供、妊婦などを中心に調査され、通常との比較をした結果数値は有意となることがありました。

それだけ葉酸って必要なのか。ともわかるものでしたが、
葉酸を単体で摂ることと、葉酸で強化された食品の有意性はわかっていませんので、
関連の研究があれば紹介したいところです。

うん。葉酸ですね。

Centeno Tablante E、PachónH、Guetterman HM、Finkelstein JL。人口の健康結果のために小麦とトウモロコシ粉を葉酸で強化する。系統的レビューのコクランデータベース2019、第7号。番号:CD012150。DOI:10.1002 / 14651858.CD012150.pub2。