【砂糖入り飲料】の摂取を減量させるための介入のエビデンスについて【医療従事者】

今回は砂糖入り飲料を減量させるための介入について

ジュースなどこれだけの角砂糖が入っています!と見ることがありますが、
その時はえぇ~嫌だ~とも思ってしまいます。

それは暫くすると忘れるのが人情にも。

そんな砂糖入り飲料を飲まなくても良くなる介入方法について研究されていた論文を紹介します。

研究内容

14,488の一意のレコードを識別し、適格性について全文で1030を評価しました。
22件のRCT、3件のNRCT、14件のCBA研究、19件のITS研究を含む58の研究が選択基準を満たし、合計1,180,096人が参加しました。
フォローアップ期間の中央値は10ヶ月でした。
調査には、子供、ティーンエイジャー、大人が含まれ、学校、小売店、外食施設など、さまざまな環境で実施されました。

ラベリング介入

信号灯ラベリングがSSBの売上減少に関連する中程度の確実性の証拠、および栄養評価スコアのラベリングがSSBの売上減少に関連するという低確実性の証拠を発見しました。
メニューボードのカロリー表示については、SSBの売上への影響がさまざまであると報告されています。

公的機関の栄養基準

学校でのSSBの利用可能性の低下は、SSBの消費量の減少と関連しているという低確度の証拠を発見しました。
学校や学校の果物プログラムでの飲料水の利用可能性の改善が、SSB消費の減少と関連しているという非常に低い不確実性の証拠が見つかりました。
学校での飲料水の利用可能性の改善と生徒の体重との関連は報告されています。

経済的ツール

SSBの価格上昇がSSBの販売の減少と関連しているという中程度の確実性の証拠を発見しました。低カロリー飲料の価格割引については、SSBの売上への影響がさまざまであると報告されています。

ホールフードの供給介入

ホールフードの供給を改善するための自主的な業界の取り組みとSSBの販売との関連が報告されています。

小売および外食の介入

チェーンレストランの子供用メニューのより健康的なデフォルト飲料がSSB売上の減少に関連しているという低い確実性の証拠、およびスーパーマーケットでの健康的な飲料の店内プロモーションが関連しているという中程度の確実性の証拠を発見しました。
SSBの売上が減少しました。

部門間アプローチ

SSBの購入が制限されている政府の食品給付プログラムは、SSB摂取量の減少と関連しているという中程度の確実性の証拠が見つかりました。
無制限の食品給付プログラムでは、報告された効果はさまざまでした。

在宅介入

家庭環境での低カロリー飲料の利用可能性の改善がSSB摂取量の減少に関連しているという中程度の確実性の証拠と、過体重または肥満、SSBの高いベースライン消費。

結論


このレビューに含まれる証拠は、人口レベルでのSSB消費に対処する効果的でスケーラブルな介入が存在することを示しています。実装には、適切な研究デザインを使用した高品質の評価を伴う必要があります。特に、大規模な実装に適したアプローチの長期的な効果に焦点を当てます。

まとめ 

介入結果としては、砂糖入り飲料の消費減量は現実的に可能なのかと思われますが、
企業などの関連から現実的に行われるものなのか?とも。

実際には個人が砂糖の摂取量をコントロールする。ということが先決なのでしょうが、
肥満などで問題になっている国では政策としての介入が必要になってくるのかと思われます。


von Philipsborn P、Stratil JM、Burns J、Busert LK、Pfadenhauer LM、Polus S、Holzapfel C、Hauner H、Rehfuess E. 系統的レビューのコクランデータベース2019、第6号。番号:CD012292。DOI:10.1002 / 14651858.CD012292.pub2。