【基礎】医学生に覚えてもらいたい整形外科疾患などの略語について【医療従事者】

今回は医療従事者なら知っていたい略語について

整形外科系の疾患などを中心に取り扱う医療従事者なら知っているはず、な略語を紹介します。

柔道整復師が使用する程度なので、コレ足りないよ?などなるのかもしれませんが、
紹介する略語を最低限は知っていて欲しいという意味もあります。

勉強量では他の資格よりも少なめな柔道整復師が使うぐらいですので。

不足している部分などがあると思いますので、先にお詫び申します。

略語

・ACL 前十字靭帯

・ADL 日常生活動作

・AIIS 下前腸骨棘

・ANF 大腿骨頭壊死

・AS 強直性脊椎炎

・ASIS 上前腸骨棘

・CKD 慢性腎臓病

・DVT 深部静脈血栓症

・FM 線維筋痛症

・FNST 大腿神経伸展テスト

・FTA 大腿脛骨角

・HV 外反母趾

・LCL 外側側副靭帯

・LDH 腰椎椎間板ヘルニア

・LLD 脚長差

・MCL 内側側副靭帯

・MTP 中足趾節

・MS 多発性硬化症

・OA 変形性関節症

・OCD 離断性骨軟骨炎

・OPLL 後縦靭帯骨化症

・PCL 後縦靭帯骨化症

・ROM 関節可動域

・SLR 下肢伸展挙上

・VAS ヴィジュアルアナログスケール

補足

後は理学療法などで行われるテスト法を略称として記述することもあります。

上記の略語を覚えておけば、医療学生の人達も現場でのカルテは読むことが出来ます。

後は勤務先によって言い方などが異なったりしますので、メモをしながら覚えていくしかありませんね。

まとめ

私が苦労した部分の1つです。

医療用語は知っていますが、略語を知らなかったのでカルテを読むことに苦労しました。

その時はわからないものを1つ1つメモしながらやっていましたが、
上記の略語は一部ですが役に立つはずです。