【双極性障害】医療従事者なら知っていたい原因と症状について

今回は双極性障害について

双極性障害という名前は耳にするけど、実際にどんな症状が起きているのかはなっている人しか知らないものだと。

極端な幸福と極端な低エネルギー状態だけなのか?という双極性障害について紹介します。

原因

双極性障害は男女に等しく起き、15歳から25歳に見られることが多いです。
正確な原因は不明とされています。
しかし、発症には家族歴の関連性も可能性としてあります。

そして、以下のような体験などを持っていると発症しやすいとも考えられています。
・出産
・抗うつ薬やステロイドなどの薬
・不眠症
・娯楽用薬物の使用

症状

病期は数日から数ヶ月続くことがあり、次の症状が含まれることがあります。
・気が散りやすい
・活動への過剰な関与
・睡眠の必要はほとんどない
・悪い判断
・調質不良
・飲酒、薬物使用、多くのパートナーとのセックス、ギャンブル、支出の増加など、無謀な行動と自制心の欠如
・非常にいらいらする気分、レースの思考、たくさんの話、そして自己や能力についての誤った信念

さらに鬱病と双極性障害の同時発症には、次の症状が含まれる場合があります。
  • 毎日の低気分または悲しみ
  • 集中、記憶、または意思決定の問題
  • 食欲不振や体重減少、または過食や体重増加などの摂食の問題
  • 疲労またはエネルギー不足
  • 無価値、絶望、または罪悪感
  • 一度楽しんだ活動の喜びの喪失
  • 自尊心の喪失
  • 死または自殺の考え
  • 眠れない、または寝すぎの問題
  • かつて楽しかった友人や活動から離れる
双極性障害のある人は自殺のリスクが高い彼らはアルコールまたは他の物質を使うかもしれませんこれは双極性症状を悪化させ、自殺のリスクを高める可能性があります。

これらのエピソードは一般的なものですが、このパターンは双極性障害のすべての人で同じではありません。

まとめ

簡単な概要でした。

双極性障害は治療により軽減されますが、再発性があるものとしても考えられています。

再発する理由のほとんどは、根本たる原因が物質的な、人間関係、社会・経済的な問題として考えられています。

自己の見えない部分の問題と言うよりは、社会的な事象や摂取するものの問題として考えられていますので、治療の際はその人のエピソードが重要と考えられます。