【歯周病】を予防するための定期的な歯科治療に対するエビデンスについて【医療従事者】

今回は歯周病予防について

歯科医院で歯周病の治療をした経験のある人は、「定期的にメンテナンス」することを勧められたことはありますか?

紹介する論文では、セルフケアとセルフケア+専門によるケアで歯周病に対するエビデンスについて紹介します。

全歯科疾患がこれに当てはまるとは限りませんが、是非参考までに。

研究内容

分析に1711人の参加者による2つの研究を含めました。

両方の研究は英国の一般的な歯科診療所で実施され、歯の予約に定期的に出席した重度の歯周炎のない成人を対象とした。

1つの研究では24か月で結果を測定、もう1つの研究では36か月で測定した。
どちらの研究も、有害作用、付着レベルの変化、歯の喪失または口臭を測定しなかった。

比較1:定期的なスケーリングとポリシング対スケジュールされたスケーリングとポリシングなし

2つの研究では、計画された定期的な間隔(6か月および12か月)のスケールおよびポリッシュ治療と、スケジュールされていない治療を比較しました。

歯肉炎、深さの調査、口腔の健康に関連した生活の質、プラークについて、2年から3年の期間にグループ間でほとんどまたはまったく違いは見つかりませんでした。

定期的な計画されたスケールおよびポリッシュ治療は、スケジュールされていないスケールおよびポリッシュ治療と比較して、2〜3年にわたって微積分レベルのわずかな減少をもたらしました。

参加者の自己申告による口腔清潔度は、6か月および12か月のスケールおよびポリッシュ治療を受けた場合、予定された治療を受けない場合と比較して高かったが、証拠の確実性は低い。

比較2:異なるリコール間隔での定期的なスケーリングと研磨

2つの研究では、6か月ごとの通常のスケールおよびポリッシュ治療と12か月ごとの治療を比較しました。

歯肉炎、プロービングの深さ、口腔の健康に関連する生活の質、プラークの結果について、2年から3年にわたってグループ間で差はほとんどまたはまったく見つかりませんでした。

患者の自己申告による口腔清潔度に対する6か月および12か月のスケールおよびポリッシュ治療の比較効果は不確かでした。

比較3:歯科医が提供する日常的なスケーリングと研磨を、歯科医療の専門家(歯科治療士または衛生士)と比較

この比較を評価した研究はありません。

結論


定期的な歯科治療に定期的にアクセスする重度の歯周炎のない成人の場合、定期的なスケールおよびポリッシュ治療は、歯肉炎、プロービング深度、および口腔の健康関連の生活の質に、スケジュールされていないスケールと比較して2〜3年にわたってほとんどまたはまったく違いはありませんポリッシュトリートメント(確実性の高い証拠)また、2年にわたってプラークレベルにほとんどまたはまったく違いがない場合があります(低確実性の証拠)。定期的なスケーリングと研磨は、定期的なスケーリングと研磨を行わない場合と比較して、歯石レベルを低下させます.6か月に1回の治療では、2〜3年の追跡期間中に12か月に1回の治療を減らしますが(これらの臨床的重要性は小さいですが)削減は不確実です。治療の費用に関する入手可能な証拠は不確かです。この研究では有害作用は評価されませんでした。

まとめ 

定期的なメンテナンスの有意差はないものの、僅かながら専門にやってもらう方が綺麗になったりとするようで。

歯のメンテナンスで不安などある場合は頼ってみると良いようですが、
統計上そんなに有意差がないので、絶対的な推奨はできません。

勿論、歯の状態に「問題がない」場合に限る結論ですが。


Lamont T、Worthington HV、Clarkson JE、Beirne PV。大人の歯周の健康のための定期的なスケールと磨き。Cochrane Database of Systematic Reviews 2018、Issue 12. Art。番号:CD004625。DOI:10.1002 / 14651858.CD004625.pub5。