【症状】小学生でもわかる??シンスプリントについて【医療従事者】

今回は小学生でもわかる??シンスプリントについて

シンスプリントは過労性頚部痛(かろうせいけいぶつう)とも呼ばれています。

慢性スポーツ障害でもありますので、スポーツ競技者は知っているべきな疾患です。

どんな時に起きるのか?

・下肢のアライメント異常

・足の内側アーチの低下、その影響によりヒラメ筋、後脛骨筋の過伸張よる骨膜炎、付着部炎ともいえる。

・足首の可動域が狭いケースでも観察されている。

・冬場の走り込みが原因となることもある。

どんな特徴?

・脛骨内側下1/3、膝から下の内側の下の方当たりに痛みを感じる。

・痛みが軽度の場合は専門家、医療機関に受診することはなく、重症例となって受診することが多い。

MRIの画像評価で骨膜炎と示される。

また、骨髄内信号では筋付着部炎、骨浮腫、出血、微細骨折と判断されることもある。

症例

・16歳 男性

サッカー競技者。1週間前より原因無く右下腿内側に痛みが出現。

歩行時痛が強く、スポーツ活動が出来ない状況だった。

Hop Stepは不可で、MRI画像で脛骨骨膜周囲に高信号。

安静を指示され、3週間後に再検査で化骨形成を認めず疲労骨折の疑いは消えた。

まとめ

私の臨床経験上、冬場のスポーツ競技者の足の痛みが本症であることが多かったです。

発症後、症状の強さによっては完治までに3か月以上要した症例もあるぐらい、痛みがしつこく続く場合もあります。

単なるストレッチだけで、予防ができるのかは不明な点が残ります。

理想としては下腿のアライメントから整え、走りこむスケジュールなどを管理し直す必要もあります。