【スポーツ】医療従事者なら知っていたい女性アスリートトライアドについて

今回は女性アスリートトライアドについて

10代の女性に限定する話なのですが、激しいスポーツをしていると「女性アスリートトライアド」という問題に直面していることがあります。

そのトライアドについて紹介します。

女性アスリートトライアドとは?

1.摂食障害

2.無月経

3.骨粗鬆症

これらの3つが女性アスリートトライアドと呼ばれ、女性アスリートはこれらのいずれか、あるいはすべての危険性を持っています。

原因と兆候

これら3つの症状が起こっていると下記の兆候が起きます。

・減量

・不規則な月経、あるいは無月経

・疲労と集中力の低下

・疲労骨折

・その他怪我

原因としては以下のことが考えられています。

1は過度なダイエットをしなければならない、という体型的なコンプレックスなど。

2は十分なカロリー摂取がなされていないと不規則になりがちですが、10代はホルモンバランスが整いにくいこともあり、何が原因でそうなっているかわからないこともあります。

3については、低エストロゲンレベルと低カルシウム摂取、栄養不足などが考えられるためです。

安直ですが、摂取カロリーの制限が原因となることが一番の懸念される可能性となります。

間違った認識

女性アスリートトライアドとなっている人は、スポーツの成績のためなら何をしても良いと考えていることもあります。

例えば瞬発力などが要求される競技だと、体重は軽くないといけない。
芸術のような競技だと、無駄な贅肉のない薄い体でないといけない。

本人の意思とは関係なく、競技上の伝統ということでこれらを強要される形になることもありますが、そういった競技のパフォーマンスが理由でカロリー摂取を断行する人が絶えません。

症状

女性アスリートトライアドになっていると以下のような特徴も見られています。

・十分に減量できているのに、ダイエットを継続する。

・食物と体重に関するこだわりが異常

・食中、食後にトイレに行くことが多すぎる(嘔吐している可能性)

・必要のない下剤の使用

・髪と爪が脆い

・歯のエナメル質が溶けていて、虫歯になっている。

・寒さに過敏になっている

・低心拍数と低血圧

・心臓の不規則性と胸痛

まとめ

以上が女性アスリートトライアドについてでした。

対処法に関しては、栄養不足を解決していくような介入が望ましいとされていますが、
どのような症状が出ているのか?によって介入期間や方法などは異なってきます。

医療資格で言いますと、医師、看護師、栄養士、理学療法士などがこの症状に携わっていきます。

女性が活躍しやすくなりつつあるスポーツ業界なので、
案外珍しくもないことだったりしますので、周りに困っている人がいないのか?を注意してみてください。