【筋トレ】医療従事者なら知っていたい食事とトレーニングについて

今回はレジスタンストレーニングと食事について

トレーニングをしていて食事の面をフォローアップするのに、何を参考にされていますか?

あくまでも私個人としては、生理学と分子栄養学をヒントにしていますが、
これらの考えにはたくさんの考えと答えがあります。

そのうちの1つかと思われる論文の結論を紹介します。

研究内容

食物タンパク質が、抵抗運動トレーニング(RET)を補強するのか判断するメタアナリシスです。

1863人の参加者による49件の研究からのデータを参照に。

除脂肪量(FFM)の増加に対するタンパク質補給の影響は、
年齢の増加とともに減少し、レジスタンストレーニングを受けた個人でより効果的でした。

1.62 g / kg / dayの総タンパク質摂取量を超えるタンパク質補給は、
FFMのそれ以上のRET誘導ゲインをもたらさなかった。

結論


健康的な成人では、食事性タンパク質の補給により、長期にわたるRET中の筋力とサイズの変化が大幅に向上しました。年齢が上がるとトレーニングの経験が増え、RET中のタンパク質補給の効果が高まります。たんぱく質の補充では、たんぱく質の摂取量が約1.6 g / kg /日を超えると、RETによるFFMの増加にさらに寄与しません。

まとめ 

タンパク質の摂取量の目安の1つになるのかもしれません。

数値面での信頼性というよりは、この手の話は自身の体調とよく相談しながらだと考えていますので、参照までに。

タンパク質を程度より摂りすぎても意味が無さげな情報だったので。


モートンRW 1マーフィーKT 1マッケラーSR 1シェーンフェルドBJ 2ヘンセルマンズM 3ヘルムズE 4アラゴンAA 5デブリーズMC 6バンフィールドL 7クリーガーJW 8フィリップスSM 1