【労働者】の骨格筋障害を予防するための休憩スケジュール変更のエビデンスについて【医療従事者】

今回は労働者の骨格筋障害を防ぐ休憩について

熱中症が問題になってからは肉体労働者への休憩の義務?が始まっているようですが、
エビデンスってあるのかな?と考えていましたらありました。

では紹介します。

研究内容

6つの研究(373人の作業者)、4つの並列RCT、1つのクロスオーバーRCT、および1つの複合並列とクロスオーバーRCTを含めました。
従業員の295人は女性で、39人は男性でした。
残りの39人の従業員については、性別は研究トライアルで指定されていません。

この研究では、異なる休憩の頻度(5つの研究)と異なる休憩の種類(2つの研究)を調査しました。
さまざまな休憩時間を調査した研究はありません。

研究はヨーロッパまたは北アメリカで実施され、低所得国から中所得国では実施されていません。

休憩の頻度の変化

追加の休憩は、追加の休憩がない場合と比較した場合、追加の休憩が筋骨格痛、不快感または疲労に大きな影響を及ぼさない可能性があるという低品質の証拠があります。

追加の休憩は、追加の休憩なしと比較した場合、生産性または作業パフォーマンスにプラスの影響を与えない場合があります。

追加の休憩は参加者が報告する筋骨格痛、不快感または疲労に大きな影響を及ぼさない可能性があるという低品質の証拠が見つかりました。

必要に応じて休憩と比較した場合、追加の休憩が生産性や仕事のパフォーマンスにプラスの影響を与える可能性があるという非常に低品質の証拠があります。

追加の高頻度の休憩は、参加者が報告する筋骨格痛、不快感、疲労に大きな影響を及ぼさない可能性があります。

休憩時間の変更

さまざまな期間の休憩の効果を評価した試験は特定されなかった。

休憩の種類の変更

アクティブな休憩は、参加者が報告する筋骨格痛、不快感、疲労に有意なプラス効果をもたらさない可能性があるという低品質の証拠を発見しました。

リラクゼーション作業休憩は、参加者が報告した筋骨格痛、不快感または疲労に、物理的な作業休憩と比較して大きな影響を及ぼさない可能性があります。

結論


参加者が報告した筋骨格痛、不快感、疲労に、異なる休憩頻度が影響を及ぼさない可能性があるという低品質の証拠が見つかりました。生産性と仕事のパフォーマンスについては、さまざまな休憩の頻度がプラスの効果をもたらす可能性があるという非常に低い品質の証拠がありました。さまざまな種類の休憩では、質の低いエビデンスによると、参加者が報告した筋骨格痛、不快感、疲労に影響がない場合があります。可能であれば、現在のレビューに含まれる研究よりもはるかに高いサンプルサイズで、労働者間の休憩介入の頻度、期間、およびタイプの有効性を判断するには、さらに質の高い研究が必要です。さらに、オフィスワーカー以外の労働者人口を考慮して、休憩の介入を再検討する必要があります。

まとめ 

研究の結論からは適格な頻度や時間については不明、
また休憩の種類についても有意差がないということに。

アクティブな休憩とは、工場作業に従事する人達がやっている印象ですが、
休憩中にスポーツなどを楽しむこと。

リラクゼーションについてはそのままなので割愛。

やりたいように休憩したらいいのかな?とも思える内容でもあります。

頻度の変更も、追加で休憩することも生産性とは結び付かないということでしたので、
規定の休憩で従業員から不満が出ているようであれば改善する。かな?

ビシッと言える内容であれば良かったのですが、現状はこのような結果と。


Luger T、Maher CG、Rieger MA、Steinhilber B.健康な労働者の筋骨格症状と障害を予防するための休憩スケジュール。系統的レビューのコクランデータベース2019、第7号。番号:CD012886。DOI:10.1002 / 14651858.CD012886.pub2。