【頭痛】持ちの医療従事者がおススメする頭痛を予防する食事のヒントについて

今回は頭痛を予防する食事のヒントについて

国立頭痛財団というところに頭痛を予防するための食事のヒントについて記述がありましたので、抜粋して紹介します。

概要

食事由来の頭痛を管理するための最初のステップは、
バランスの取れた食事を食べること。

夜に軽食をとって1日3食にするか、
1日を通して6食を食べることが特に重要と考えられています。

毎食、良質のタンパク質源を含める必要があります。
そして、空腹時の高糖質食品を食べることは避けてください。

これらは、「空腹の頭痛」を防ぐのに役立ちます。

食品感度

頭痛疾患の人は、特定の食物に対する感受性が異なります。
食品への反応は、30分から72時間かかることがあり、特定するのが非常に困難になることがよくあります。
そのため時間、食べた食物、量、および頭痛の症状の列を含む食物日記を記録することが推奨されます。

まずは控えめな食事から始めていきます。
3日ごとに1つの新しい食品を導入し、片頭痛の症状のパターン/変化を判断していきます。この考え方は非常に役立ち、時間と労力を費やす価値があります。

考えられる犯人

片頭痛の引き金となる可能性が高い食品のカテゴリがあります。

カフェインおよび類似化合物

カフェインは多くの片頭痛治療薬の有効性を阻害し、摂取を制限することが望ましいです。
1日に2食分以上のカフェインを摂取することはおススメしません。(1日あたり合計200 mg未満のカフェイン)
フェインの一般的なソースとその内容については、このガイドの最後をご覧ください。
チョコレート(ホワイトチョコレートを除く)にはカフェインとカフェインの効果を模倣する他の化学物質が含まれているため、1食分(1/2オンスチョコレート相当)は1食分のカフェインとしてカウントされます。

そして、カフェイン摂取を完全に停止すると、カフェイン離脱頭痛を引き起こす可能性があります。
カフェインを事実上終日摂取した後に血中濃度が低下するため、夜中にカフェイン離脱頭痛で目覚めることさえあります。
感度には個人差がたくさんあり、カフェインを完全に回避するのが最善の人もいます。

食品温度

極端に熱いまたは冷たい食べ物を摂取すると、一部の人に片頭痛が誘発される場合があります。
これらの食品をゆっくり食べるか、極端な食品温度を完全に避ける必要があるかもしれません。

チラミン感受性

チラミンは、タンパク質分解の自然な副産物です。
食品、特に高タンパク食品が成熟するにつれて、食品中のその含有量は増加します。

チラミンは天然に存在する物質であり、食品に添加されていないため、食品ラベルには記載されていません。
チラミンを多く含む食品は、適切に保存されていない高タンパク質食品です(温度が高くなるほど、チラミンはより速く蓄積します)。

すべての食品、特に高タンパク質食品は、調理して新鮮に食べる必要があります。

アルコール

一部の人々は、任意のアルコールを消費することから片頭痛を取得します。
他の人は主に赤ワイン(特にキャンティ)に反応しますが、これは赤ワインのアルコールではなく化学物質に敏感なためです。赤ワインに敏感な人は、しばしばチョコレートにも敏感です。
多くの薬はアルコールと反応するため、すべての場合において、アルコール摂取について医師または薬剤師に相談してください。

その他

  • 亜硫酸塩
  • 生玉ねぎ
  • MSG(グルタミン酸ナトリウム)
  • アスパルテーム
  • 熟成チーズ
  • 柑橘系の果物とジュース(通常、1日あたり½カップは問題ありません)
  • 食品に添加される硝酸塩と亜硝酸塩(注:パンに添加されるチアミン一硝酸塩ではなく、ビタミンB1の単なる化学名です)
感度は多くの場合、量に関連しており、空腹時に消費されると問題が発生する可能性が高いことに注意してください。たとえば、加水分解酵母(チラミンを含む)およびさまざまな食品のMSGを含む加工スープです。

まとめ

何が起因となり頭痛を誘発しているのか?ということを調べるには食事の日記が重要です。

人間は昨日食べたものですらはっきりと覚えている人は少ないとも言われています。

私自身もいくつか思い当たる食品はありますが、はっきりさせるためにも日記は必要だと思いました。

細かく書くのが面倒であればスケジュール帳、カレンダーにメニュー名を書くことから始めてみましょう。