【季節性情動障害】の予防に対するメラトニンとアゴメラチンのエビデンスについて【医療従事者】

今回は季節性情動障害の予防にメラトニンとアゴメラチンについて

季節性情動障害は名前の通りに季節の変わり目に起こるものですが、
日光に当たる時間などの関連性が言われているものです。

女性が多く罹患すると世界中で悩まれている障害の1つで、
嗜眠、過食、抑うつ気分などの症状が確認されています。

それらの既往がある人に対して、予防としてメラトニンとアゴメラチンを使用した研究結果について紹介します。

研究内容

225人の参加者のデータを提供する1つの研究のみが適格基準を満たし、アゴメラチン(25 mg /日)とプラセボを比較しました。
参加者のほぼ半数が完了前に研究を去ったため、私たちはそれを消耗バイアスのリスクが高いと評価しました。

199人の参加者のデータに基づく主な分析では、アゴメラチンによるSAD発生率の関連する減少と関連する増加の両方を含む広い信頼区間の不確定な結果が得られました。

また、SADの重症度は、研究の終了時に両方のグループで類似しており、平均SIGH-SADスコアは8.3(標準偏差(SD)9.4)アゴメラチン群およびプラセボ群の10.1(SD 10.6)となりました。

有害事象と重篤な有害事象の発生率は、両方のグループで類似している可能性があります。

agomelatineグループでは、112人の参加者のうち64人が少なくとも1つの有害事象を経験し、113人のうち61人がプラセボ群で発生しました。

プラセボ群の113人中4人と比較して、112人中3人の患者がアゴメラチン群で重篤な有害事象を経験しました。

結論


アゴメラチンに関する不確実な証拠とメラトニンに関する研究の欠如を考えると、SADの予防のためのアゴメラチンとメラトニンの有効性と安全性についての結論は現時点では導き出せません。SADの予防的治療を開始するかしないか、および選択した治療は、患者の好みを考慮し、利用可能なすべての治療オプションの根拠に基づいて検討する必要があります。

まとめ 

冬に多く見られるこの症状ですが、この研究で得られた結論としては予防的治療のために患者の嗜好も考慮して行う必要性がある。ということでした。

私のように夏になるにつれて、このような症状が起きるのは別問題なため、
冬になるにつれて、このような兆候がある方は「季節性情動障害」という症状かもしれません。

悩みに応じて相談する必要性もありそうな疾患です。


Nussbaumer‐Streit B、Greenblatt A、Kaminski‐Hartenthaler A、Van Noord MG、Forneris CA、Morgan LC、Gaynes BN、Wipplinger J、Lux LJ、Winkler D、Gartlehner G. 系統的レビューのコクランデータベース2019、第6号。番号:CD011271。DOI:10.1002 / 14651858.CD011271.pub3。