【外傷性肩関節脱臼】の保存療法のエビデンスについて【医療従事者・コメディカル】

今回は外傷性肩関節脱臼の保守的介入について

スポーツや関節の緩い人は経験があるのかもしれない肩関節脱臼。

多くは前方脱臼が見られますが、基本的には手術などしない保存療法の選択がされることがあります。

勿論、症状の重症度合いでは手術療法が適応されることもありますが、
紹介するのはこれに対する保存療法のエビデンスについて。

研究内容

704人の参加者による7つの試験を含めました。

試験全体の平均年齢は29歳(12〜90歳の範囲)で、参加者の82%は男性でした。
すべての試験では、外転(追加の外転コンポーネントの有無にかかわらず)での固定化と、閉鎖整復後の内転(従来の方法)を比較しました。

リハビリテーションなど、他の介入や比較を評価した試験はありません。
すべての試験で、1年以上のフォローアップのデータが提供されました。

外旋での固定が、内旋での固定と比較して、12か月以上のフォローアップ後の再脱臼のリスクに違いをもたらすかどうかは不明です。

内部ローテーショングループで脱臼を経験する1000人あたり312の例示的リスクがある中程度のリスクの集団では、これは外部ローテーションでの固定化後の再脱臼が103少ない(95%CI 194から60多い)ことに相当します。

個別に、最低12ヵ月の追跡調査で肩の不安定性について検証された患者報告のアウトカム測定値を報告する4つの研究(380人の参加者)は、2つの介入の臨床的に重要な違いの証拠を発見しなかった。

傷害前の活動またはスポーツの再開に対する2つの固定方法の相対的な効果は不明です。
1件の研究(参加者169人)は、罹患した腕の傷害前活動への復帰における介入間の違いの証拠を発見しなかった。
2つの研究(135人の参加者)は、スポーツ活動中に負傷を負った参加者のサブグループの外部ローテーショングループで、スポーツへの復帰が大きいことを見出しました。

参加者の満足度または健康関連の生活の質について報告した試験はありませんでした。

結論


ランダム化試験で得られた証拠は、内旋と外旋での固定を比較したものに限られています。全体として、外部回転での固定化が内部回転での固定化よりも利益をもたらすかどうかについて確固たる結論を引き出すには証拠が不十分です。外部ローテーションと内部ローテーションでの不動化を評価する未発表および進行中の試験がいくつかあることを考慮すると、この質問に関する研究の主な優先事項は、完了した試験の発行と進行中の試験の完了と発行です。一方、リハビリテーションを含む他の介入の評価が保証されています。十分に大規模で質の高い、十分に報告された、長期の追跡を伴うランダム化比較試験が必要です。今後の研究では、最適な固定期間、固定の正確な適応、最適なリハビリテーション介入、およびこれらのさまざまな介入の受容性を決定することを目的とする必要があります。

まとめ 

柔道整復師としては、固定肢位はコレってやつがありました。

この研究結果からではどちらにも良い転帰があったため、どちらかを良いと言い切るには結論が出せないものでした。

内旋肢位が良いとされていますが、外旋に近い肢位が治療期間の短縮と早期競技復帰に貢献した。という文献も見ましたが、正直迷います。

何とも言えない結果なので、ここまでで。

ブラウンC、マクロバートCJ。外傷性肩関節前方脱臼の閉鎖的整復後の保守的管理。系統的レビューのコクランデータベース2019年、第5号。番号:CD004962。DOI:10.1002 / 14651858.CD004962.pub4。