【パニック障害】に対する薬物療法のエビデンスについて【医療従事者】

今回はパニック障害に対する薬物療法について

私がパニック障害持ちではないのですが、気持ちがわかっているつもりです。

人の多い場所や会議室などの空間に多数の人がいると、どうしていいのかわからないこともあるので(パニック障害かも)

そんな問題を解決するための薬物療法のエビデンスについて紹介します。

研究内容

合計4233人の参加者を含む24の研究をレビューに含め、
そのうち2124人がベンゾジアゼピンに無作為化され、
1475人がプラセボに無作為化されました。
残りの634人の参加者は、3群試験で他の積極的な治療に無作為化されました。

・有効性と受容性の2つの主要な結果は、ベンゾジアゼピンがプラセボより優れている可能性を示しています。
治療に対する反応の推定リスク比(RR)は、ベンゾジアゼピンを支持して1.65であり、
これは4の追加の有益な結果(NNTB)を治療するために必要な推定数に対応します。

ドロップアウト率は、ベンゾジアゼピンで治療された参加者の間で低かった。
推定NNTBは6(95%CI 5〜9)でした。

両方の主要な結果について、エビデンスの質を低いと評価しました。

ベンゾジアゼピンの可能性のある利点は、寛解および社会機能のエンドポイントデータでも見られました。

有害作用によるドロップアウトの数は、プラセボよりもベンゾジアゼピンの方が高かった。

結論


低品質のエビデンスは、パニック障害の短期治療において、プラセボよりもベンゾジアゼピンの優位性を示しています。含まれる研究の妥当性は、割り当てられた治療法のマスク解除の可能性、脱落率の高さ、および出版バイアスの可能性のために疑わしい。さらに、含まれた研究は短期間の研究のみであり、長期的な有効性や依存症や離脱症状のリスクについては検討していません。これらの制限のため、ベンゾジアゼピンとプラセボの有効性に関する当社の結果は、臨床診療のための限られたガイダンスのみを提供しています。さらに、臨床医の選択は、ベンゾジアゼピンとプラセボの間ではなく、ベンゾジアゼピンと他の薬剤、特にSSRIとの間であり、有効性と副作用の両方の面で選択されます。したがって、治療法の選択は、患者によって導かれるべきです。

まとめ 

プラセボ薬よりも有用性のあるベンゾアゼピンは短期的な摂取でも副作用の懸念はあります。

アノ時の症状が治まるなら。と思いますので、
そういった環境におかれるような方は、検討するのもアリなのかもしれません。


Breilmann J、Girlanda F、Guaiana G、Barbui C、Cipriani A、Castellazzi M、Bighelli I、Davies SJC、Furukawa TA、Koesters M.成人のパニック障害に対するベンゾジアゼピン対プラセボ。系統的レビューのコクランデータベース2019、第3号。番号:CD010677。DOI:10.1002 / 14651858.CD010677.pub2。