【ヘルペス】について知っていたいこと【医療従事者】


今回はヘルペスについて


ヘルペスウイルスに罹患していますか?

これは人によっては自覚のない症状となることもあります。

罹患している自覚がないまま、他者へ伝播してしまうこともありますので、
ヘルペスの基本的なことだけ纏めたものを紹介します。

出典元:米国保健社会福祉省(R)

原因

ウイルス性。
キス、飲み物の共有、性行為などで安易にウイルスに感染します。

症状

1つ、または複数の水疱として現れ、口・目・性器・直腸に現れます。
水疱が潰れると痛みや潰瘍に変わり治癒するまでに1週間かかります。


治療方法

根本的な治療法はないようです。

対処法として薬物療法もありますが、
痛みを軽減することに役立つそうですので酷い時には頼りたいもの。

さらなる症状

熱と体の痛みを伴っている場合、リンパ節が腫れて痛みを起こします。

感染リスクを抑えるヒント

触れないこと、と明確な手段です。
但しこれは発生時のみに限定されます。

知ったほうがいいこと

これらからヘルペスは誰にでもなり得ることがわかって頂けました。

予防する手段もありますが、免疫機能が大きく関連してくるため、
日頃からの免疫機能のコントロールが罹患を減らす一番の対策かもしれません。

出典元よりはエビデンスに基づいた予防法などは公開されていませんでしたので、
良い方法があれば記事にします。