【casereport】進行性胸腺癌に対する手術療法と化学療法の成果について【医療従事者】

今回は症例勉強について

予後不良であるとされている胸腺の腫瘍に関するケースレポートを紹介します。

症例内容

健康だった34歳の男性は、2014年9月に胸部圧迫感を主訴として地元の病院に入院しました。
コンピューター断層撮影(CT)により、前縦隔および中縦隔に異常な腫瘤が見つかりました。
その後のF-フルオロデオキシグルコースポジトロン放出断層撮影(FDG-PET)は、隣接する血管と心膜の間に境界のない大きな縦隔腫瘤で陽性の取り込みを示し、そのサイズは7.9×4.8×6.9 cmでした

さらに、鎖骨上窩および縦隔に複数の腫れたリンパ節が見られました

縦隔腫瘤に対して針吸引を行った。

組織学的所見により、胸腺に由来する非角化扁平上皮癌が明らかになった

患者は、彼の胸の圧迫感を和らげるために2014年10月に手術を受けました。

縦隔リンパ節は掃引され、左鎖骨上リンパ節は免れた。

2014年11月14日と12月7日に、患者はシスプラチン(30 mg、1〜3日目)、ピリドキシン(THP-ADM、80 mg、D1)およびシクロホスファミド(800 mg、D1)を2サイクル投与されました。

その後の胸部CTでは、以前のCT写真と比較して腫れたリンパ節の体積に明らかな減少は見られなかった

シスプラチン(30 mg、1〜3日目)とエトポシド(100 mg、1〜5日目)を3週間ごとに化学療法レジメンとして選択しました。
患者は2015年1月5日から2015年2月11日までCCRTを受けました。

治療中、患者はグレード3の顆粒球減少症を示し、組換えヒト顆粒球コロニー刺激因子により治癒しました。

治療全体が終了してから1か月後、FDG-PETは完全な反応を示しました

心臓と肺の明らかな毒性は観察されなかった。
彼は良好な状態で、48ヶ月のフォローアップで再発の兆候はありませんでした。

POINT

この症例では、進行胸腺癌の不完全な切除術の後に化学療法の有効性が示されていた症例でした。

まとめ

最初に報告された症例だったようで、今後の治療の可能性が示されていたもの。

通常ですと、化学療法のこれらの薬物は有効性と副作用の懸念があります。

結論を出すことは出来ませんが、胸部外リンパ節転移を伴う正岡病期IVb胸腺がんの患者にとって効果的な戦略かもしれません。


Ling Han、Baozhu Zhang、Shihai Wu、進行性胸腺癌に対する不完全切除後のシスプラチンとエトポシドによる同時化学放射線療法の成功、Oxford Medical Case Reports、Volume 2019、Issue 8、2019年8月、omz070、https: //doi.org/10.1093/ omcr / omz070