【casereport】治療中の副作用で精神、脳の状態が変化した症例【医療従事者】

今回は限局性半月糸球体腎炎の治療中に起きた症例です。

稀ではあるが、懸念されている有害事象が起きてしまった症例です。

症例報告

生検で証明された限局性半月体糸球体腎炎(p-ANCA)、
慢性閉塞性肺疾患、閉塞性睡眠時無呼吸(OSA)、
糖尿病タイプを伴う慢性腎疾患ステージ4の既往歴のある40歳の白人女性、
高血圧と病的肥満は、精神状態の変化、頭痛、全身性強直間代発作を伴う病院外(OSH)から転送されました。
急速な臨床的悪化と進行性の認知機能低下を考慮して、彼女は私たちの施設に移送されました。到着時に、患者のグラスゴーCom睡尺度は4で、低酸素であり、緊急の気管内挿管が必要でした。
直近で限局性半月体性糸球体腎炎の診断後、彼女は、1 gmの静脈内パルスメチルプレドニゾロンを3回投与し、その後、毎週の外来リツキシマブ静脈内注入(375 mg / m 2とともに経口プレドニゾン(1 mg / kg /日)を投与しました
リツキシマブの最後と4回目の投与は、プレゼンテーションの5日前でした。

【POINT】
リツキシマブ治療は、後部可逆性脳症症候群(PRES)または進行性多巣性白質脳症(PML)のまれではあるが重大な有害事象に関連しています。
今回のケースではそれが起こってしまい、臨床的な洞察力、意識、神経症状の早期認識、およびそのようなまれな合併症に関連する診断の必要性があります。

まとめ

精神状態の変化、頭痛、全身性強直間代発作など臨床上が起きていたため、
脳の磁気共鳴画像にて発見された稀なcaseでした。

私が整骨院勤務時に教えられたのは、グループの1日総来患数が1,000人を超える会社でした。

稀と呼ばれる症例でも1,000人も毎日来院していれば、1人はそれに当てはまるのかもしれない。

従業員で誰がそれに当たるのかわからないぞ。と言われ、
赤旗所見は全員が共通して細心の注意を払っていました。

その癖は今でも無くなってはいませんが、
臨床的な洞察力。これが凄く必要ということが改めてわかる症例でした。



Samata Pathireddy、Subashish Bose、Krishna Baradhi、Narothama Reddy Aeddula、まれだが気にしない:精神状態と発作が変化した若い女性、Oxford Medical Case Reports、Volume 2019、Issue 8、2019年8月、omz072、https:// doi .org / 10.1093 / omcr / omz072