【casereport】虫垂膿瘍を模倣した卵管卵巣膿瘍だった。という稀なcase【医療従事者】

今回は症例報告について

虫垂膿瘍かと思いきや卵管卵巣膿瘍だったという症例です。

症例内容

機能不全の子宮出血と子宮平滑筋腫の重要な過去の病歴を持つ47歳の女性は、2週間の持続期間の上部および中部右側腹痛の主訴をEDに提示した。

腹痛は本質的に鋭く、断続的で強度が増すと説明されました。

彼女の関連する症状には、摂食障害、嘔吐、華氏101.6度までの発熱が含まれており、EDの受診を促しました。

彼女は、膣分泌物、膣出血、または性感染症への懸念を否定しました。

彼女は、これらの症状は子宮平滑筋腫による通常の腹痛とは異なると感じたと述べた。彼女の最後の月経期間は1日前に終了しました。

到着時のバイタル:体温100.9°F、血圧157/93 mmHg、心拍数91拍/分、呼吸数18呼吸/分、体重210ポンド。室内空気の酸素飽和度は98%です。

身体検査では、彼女はやや不快に見えた。

彼女の腹部は柔らかく、腹膜ではありませんでしたが、右上腹部と右側の腹部中央部で圧痛がありました。

彼女には、マクバーニーの点の触診による圧痛や、左または右付属器の触診による圧痛はなかった。検査室評価は、好中球優勢白血球数13.8(3.5–10 bil / L)およびヘモグロビン7.4(13.5-17 g / dL)で、患者のベースラインヘモグロビン7.5で顕著でした。

彼女の尿のヒト絨毛性ゴナドトロピン(hCG)および定量的hCGは陰性でした。

妊娠検査が陰性であるため、婦人科的訴えや下腹部圧痛はなく、経膣超音波検査を行うのではなく、腹部/骨盤のコンピューター断層撮影(CT)を静脈内(IV)コントラストで進めることを決定しました。

【POINT】
最初の症状で虫垂膿瘍は否定できたが、それと判断し8日目でCTによる造影剤で卵管、卵巣膿瘍が確認された症例です。

まとめ

虫垂に模倣したTOAとして珍しい症例だったようです。

検査を進めれば得られるデータが多くはなりますが、初めに診ていた項目が正しい診断のカギとなるケースでした。

非常に難しいようにも思えましたが、稀な報告だったとのことで興味深い内容でした。


グレゴリー・M・テイラー、アンドリュー・H・エルリッチ、ローリー・C・ウォレス、ヴァーノン・ウィリアムズ、リーハン・M・アリ、ジョナサン・P・ジゴヴィエツ、虫垂膿瘍に似た卵管卵巣膿瘍:稀なStreptococcus agalactiaeのプレゼンテーションOxford Medical Case Reports、Volume 2019、Issue 8 、2019年8月、omz071、https: //doi.org/10.1093/omcr/omz071