【高地病】に対する薬理学的な介入のエビデンスについて Part2【医療従事者】

今回は高地病に対する薬理学的な介入について

別記事で高山病について書きましたが、それの続きになるものです。

高地病や高山病を予防するために薬理学的な方法での介入ですが、
普段使用されていないけど、それってどうなのよ?という研究の結論を紹介します。

研究内容

このレビューには8つの研究(334人の参加者、9つの参照)が含まれています。

スマトリプタンとプラセボ(1件の並行研究、102名の参加者)

スマトリプタンに関するデータは、プラセボと比較した場合、AMSのリスクの低下を示しました。
含まれた1件の研究では、HAPE、HACEの事象、またはスマトリプタンの投与に関連する有害事象は報告されなかった。


クエン酸マグネシウムとプラセボ(並行研究1件、参加者70名)

クエン酸マグネシウム錠剤とプラセボを比較したAMSの推定RRは1.09でした。
1件の研究では、HAPEまたはHACEのイベントは報告されませんでした。

スピロノラクトン対プラセボ(2つの並行研究; 205人の参加者)

AMSのRRのプールされた推定は、含まれた研究間の著しい不均一性のために実行されませんでした。

HAPEまたはHACEのイベントは報告されていません。有害事象は評価されませんでした。

アセタゾラミドとスピロノラクトンの比較(1件の並行研究、232名の参加者)
スピロノラクトンと比較したアセタゾラミドのデータは、アセタゾラミドの投与によるAMSのリスクの低下を示しました。
HAPEまたはHACEのイベントは報告されていません。有害事象は評価されませんでした。

結論


このコクランレビューは、高山病の予防方法に関する関連情報を臨床医やその他の関係者に提供する一連の3回目の第2回です。あまり一般的に使用されていない5つのクラスの薬物の評価は、これらの介入に関連する証拠が不足していることを示唆しています。スマトリプタンなどの潜在的な介入に関連する臨床的利益と有害性は依然として不明です。全体的に、特定された研究の数が少ないため、証拠は限られています(比較の大部分では、1つの研究のみが特定されました)。証拠の質の制限(中程度から低); 分類保留中の研究の数(分類待ちまたは進行中の24の研究)。


まとめ 

これらの薬物療法が有効かどうなのかはわかっていません。

この結果からは私が予防法として検討するには、まだ情報が欲しいところですので、
そういうことでした。

う~ん。


Gonzalez Garay AG、Molano Franco D、Nieto Estrada VH、Martí-CarvajalAJ、Arevalo-Rodriguez I.高地病予防のための介入:パート2。あまり使用されていない薬物。Cochrane Database of Systematic Reviews 2018、Issue 3. Art。番号:CD012983。DOI:10.1002 / 14651858.CD012983