【サプリメント】コエンザイムQ10のエビデンスについて

今回はコエンザイムQ10のエビデンスについて

「体の錆びを・・・」で代表されるコエンザイムQ10(R)について
どんな効果があって、どんな研究が行われていて、
世間で期待されていた効果はあったのか?

それらについて紹介します。

概要について

〇COQ10は抗酸化物質であり、細胞が適切に機能するための物質。
 心臓・肝臓・腎臓に多く含まれていますが、加齢とともに減少します。

〇遺伝疾患とCOQ10の関連性はある。とされています
 
〇魚・肉・全粒粉に含まれていますが、機能を適正にする十分な量の摂取は
 かなり難しいです。


疾患など


〇心疾患
 →メタアナリシスで心疾患患者への投与で心機能と安心感に効果が出ていることが
 判っています。

 →117名に対し行われたランダム比較化試験では、心臓弁手術後の経過に
  術後回復が促進されることが分かっています。

 →血圧に対しては、バラツキの多い結果が出ていますが、高血圧・メタボリック症候群
  への効果は認められていません。

〇筋力
 →スタチン服用による筋力低下に対して期待できる結果もありますが、
  エビデンスがある結果は出ていません。

〇生殖
 →男性の精子数を増加させることが分かっていますが、受胎率の増加に
  寄与するかはわかっていません。

〇癌
 →癌に対する効果的なエビデンスは報告されていないようです。


まとめ

飲んでいたら安心できる人もいるのかもしれない。と考えると止めはしませんが、
う~んぐらいなデータなので。

私個人の意見としては待ちで。