【キャリア選択】やってみよう!6つの性格タイプと向いている職業について【医療従事者】

今回はキャリアと性格について

頂き物の書物の中にキャリアカウンセリングについて著書されているものがあり、
その中にキャリア選択の際に参考になる性格について記述されていましたので紹介します。

過去と違い職業選択は永久的なものではなくなっていますので、
選択する際の参考にされてみてください。

性格タイプ

ホランドの理論。というものが6つの性格タイプと職業選択が、
その人の今後の人生に良い影響が起きる。という考えのモノです。

・現実的タイプ

ツールを扱うことを好み、明確で秩序的、組織的な操作を伴う活動を好む。
手先が器用であり、組立、修理に関わる職業を好む傾向に。

手作業、機械作業、農作業、電気関係、技術関係の仕事に向いている

・研究的タイプ

数学、物理学、生物学に興味関心があり、それに関する能力を伸ばし好奇心旺盛。
学究肌かつ自立的であり、独立志向が強い。

事象の観察、言語的記述、定型的研究、創造的研究などの活動を好む。

科学や医学などの分野の職業を好む。

・芸術的タイプ

創造的で慣習にとらわれず、繊細で感受性が強く、独創的で発想が豊かで自由。

創造的な才能を活かせる職業を好み、言語、音楽、美術、演劇などに関係する能力を有している。

・社会的タイプ

社会的活動に熱心で、対人関係を大切にし友好的であり、人を教育する、人を援助する、伝えることなどに関係する活動を好む。
コミュニケーションスキルに優れ、教育関係の仕事、カウンセリング、看護、保育などの職業を好む。

・企業的タイプ

リーダーシップをとり人を導いたり、組織目標を達成したり、経済的利益を目的とした活動を好む。

リーダーシップ、説得力など人と仕事をする場合に必要とされるスキルを伸ばし、
人の管理、物販、営業なのに関係する職業を好む。

外向的で精力的、目標達成に向けて野心的である。

・慣習的タイプ

データを始めとする情報を具体的・秩序的・体系的にまとめ、整理する活動を好む。
データ処理・管理、ファイリング、情報処理機器の操作などを行う仕事を好む。

責任感があり、緻密で信頼できるタイプ。


POINT

それぞれのタイプに1つだけ該当するということは無い様。

但し、それぞれの特性の相性の良し悪しもある。とされているため、
自分の嗜好と職業選択をミスってしまう理由はコレかもしれない?ということ。

ex:研究的タイプと芸術タイプは類似性が高いが、研究的タイプと企業的タイプは類似性が低い。


まとめ

私自身は、「芸術的」と「研究的」なタイプのようですが、こういったブログ活動や臨床などを通じて属しているような状況です。

以前は最も向いていないかもしれない企業的タイプな職に就いていましたが、苦労したのなんの。

接客業を長いことしていますが、自分に向いていないと感じていたのはこういった考えもあるのだからか・・・と妙な納得を。

情報の出典元はキャリアカウンセリングの書籍を参照にしていますので、
○○診断的な気軽さで捉えていただければです。