【肩鎖関節脱臼】の外科的、保存的治療法のエビデンスについて【医療従事者】

今回は肩鎖関節脱臼の外科的、保存的介入について

肩甲骨と鎖骨を関節する肩鎖関節。

転倒時に肩に衝撃が加わることで、関節が外れる肩鎖関節脱臼というものが起きることがあります。

脱臼の中では、数ある中でも発生率は高めなものになりますが、
この傷害に対する外科的、保存的方法のエビデンスについて紹介します。

研究内容

5つのランダム化試験と1つの準ランダム化試験を含めました。
対象とした試験には、主に357人の若い成人が参加し、その大半は男性で、急性肩鎖関節脱臼を伴っていました。

すべての研究での調査結果の強さは、バイアスのリスクが高い設計上の特徴、常に盲検化の欠如により制限されていました。
・フックプレート
・トンネル吊り下げ装置
・cor鎖鎖骨ねじ
・肩鎖骨ピン
・ワイヤを使用した肩鎖関節の固定を、
スリングまたは同様の装置でアームを支持することと比較しました。

手術後、腕はすべての試験でスリングまたは同様の装置で支えられました。

試験で説明されている場合、両方のグループに運動ベースのリハビリテーションがありまます。

結論


外科的治療には、保存的治療と比較して、1年後の機能、以前の活動への復帰、および生活の質の点で追加の利点がないという質の低い証拠があります。しかし、保守的に治療された人々は、外科的管理と比較して6週間で機能が改善したという質の低い証拠があります。1年後の痛みの2つの治療法の差がほとんどない、通常は二次手術をもたらす治療の失敗、または美容結果に対する患者の満足度の質が非常に低い証拠があります。手術により有害事象を持続する人が増える可能性がありますが、これは試験間で異なり、今日ではめったに使用されないKワイヤ固定などの技術でより一般的です。個々の結果間のリスクのバランスを考慮する必要があります。現在使用されている外科的介入と、明確に定義された損傷に対する保存的治療の十分にパワーがあり、質が高く、十分に報告されたランダム化試験が必要です。

Tamaoki MJS、Lenza M、松永FT、Belloti JC、Matsumoto MH、Faloppa F.成人の肩の肩鎖関節脱臼を治療するための外科的介入と保守的介入。系統的レビューのコクランデータベース2019、第10号。番号:CD007429。DOI:10.1002 / 14651858.CD007429.pub3。

まとめ 

よほど成果が出ていない限り外科的方法は考えものなのかと思われます。

一般整形外科という学問でも、外科的方法は骨ラインの整容はとれても皮膚的に傷跡が残ったりと、何らかしらのデメリットはあるとのことでした。

この論文では機能面でも有意差がないとのことでしたので、
吟味した上で治療方法を選択する必要があるようです。