【栄養】ホエイプロテインのエビデンスについて【医療従事者】

今回はホエイプロテインのエビデンスについて

ホエイプロテインといえば、筋肉を育てるアレでしょ?
というイメージがあります。

飲料などに配合されていることで目にしたことがあることも多くなってきていますが、
エビデンス上ではどのような効果が期待できるのか?を紹介します。

ホエイプロテインのエビデンスについて

おそらく効果があるとされていること

・運動パフォーマンス
ほとんどの研究では、筋力トレーニングと組み合わせてホエイプロテインを摂取すると、健康な若い成人の除脂肪体重、筋力、筋肉サイズが増加することを示しています。

ホエイプロテインの摂取は、トレーニングを受けていない成人のランニング速度と運動からの回復も改善するようです。

ホエイプロテインは、筋力を高めるために大豆、鶏肉、または牛肉のプロテインと同様に機能するようです。

・アトピー性皮膚炎

研究では、生後3〜12か月の間に乳清タンパク質を口から摂取する乳児は、3歳までに赤いかゆみを伴う皮膚が発生するリスクが低いことが示されています。

・アレルギー反応(アトピー性疾患)を発症するリスクの増加に関連する状態

研究によると、生後3〜12ヶ月の間に口からホエイプロテインを摂取する乳児は、標準的な処方を受けた乳児に比べてアレルギーやアレルギー反応を起こしにくい傾向があります。
ただし、アトピー性疾患の発症後、なぜタンパク質がアトピー性疾患の治療に役立たないのかを調査する必要があるとされています。

・HIV /エイズ患者の体重減少

いくつかの研究は、ホエイプロテインを口から摂取すると、HIV患者の体重減少を減らすことができることを示しています。

・赤い、うろこ状の皮膚(尋常性乾癬)

特定の乳清タンパク質抽出物を毎日8週間服用すると、乾癬の症状を軽減できることを示す証拠もあります。

エビデンス上効果が確認されていないもの(一部)

・減量

ホエイプロテインの減量への影響は、それが単独で使用されるか、ダイエットや運動とともに使用されるかによって異なります。

ダイエットと一緒にホエイプロテインを摂取すると、肥満や太りすぎの人の無駄のない筋肉の損失を防ぎ、体脂肪の損失を増やすかもしれません。

これにより、全体的な体組成が改善される場合があります。

しかし、ダイエット中にホエイプロテインを摂取しても、肥満または過体重のほとんどの人の全体的な体重減少は期待できないようです。

運動とともに使用した場合、ホエイプロテインは単独の運動と比較して体重減少を改善しないようです。

太りすぎのティーンエイジャーでは、ホエイプロテイン飲料を12週間飲むと、体重とボディマスインデックス(BMI)が増加するようです。

・運動による筋肉の損傷

ホエイプロテインは、運動による回復と運動による筋肉の損傷を改善する可能性があります。
ただし、すべての人に有効なわけではありません。


まとめ

筋肉以外にも効果が期待できそうなホエイプロテイン。

但しエビデンスの質として高いものは未だに発表されていない状況だそうですので、
過剰に信じて摂取することはおススメできません。

周知されるきっかけになったトレーニングについても、パフォーマンス面ではある程度の期待ができそうですが、ダイエットに関しては微妙かと。

重大な問題になる可能性は低いようですが、抗生物質との飲み合わせは良くないようで、
抗生物質の作用を低下させる。というデータもありました。

Natural Medicines Comprehensive Databaseは、科学的証拠に基づいて、効果的、可能性が高い、可能性が高い、可能性が低い、可能性が低い、無効、および不十分な証拠を評価します。