【プロバイオティクス】減量に関するエビデンスについて【医療従事者】

今回は減量とプロバイオティクスについて

腸に良い!とされているプロバイオティクスですが、それだけ腸に良いのであればダイエットに!という発想で効果のほどを謳われていることもあります。

それに関するエビデンスについて紹介します。

エビデンスについて

プロバイオティクスと腸内微生物叢と肥満に対するその影響に関する研究の多くはマウスで行われており、結果は有望とされています。
プロバイオティクスの補給は、高脂肪食を与えられた肥満マウスの体重増加と脂肪蓄積を減少させました

しかし、ヒトでは、肥満関連のエンドポイントに対するプロバイオティクスの影響を評価した臨床試験の結果は一貫していません。

18〜55歳の肥満成人125人のプラセボと比較したランダム化臨床試験では、3.24 x 10 8 CFUのLactobacillus rhamnosus CGMCC1.3724を24週間毎日摂取し、最初の12週間はエネルギー制限食(500 kcal /日は推定カロリー必要量より少ない)を摂取しても体重に有意な影響はありませんでした。

しかし、77人の女性参加者の中で、乳酸菌サプリメントは、プラセボと比較して、12週間後(1.8 kgの損失)および24週間後(2.6 kgの損失)で大幅に体重を減らしました。

上記の2件を含む14件の臨床試験の2017年の系統的レビューでは、1,067人の過体重または肥満の個人が9件の試験でプロバイオティクス(3週間から6ヶ月間様々な用量で投与されたラクトバチルス)が有意に体重および/または体脂肪を減少させたことを示しました、

3つの試験で効果がなく、2つの試験で体重が増加しました

957の過体重または肥満の個人を対象とした15のランダム化比較試験の別の最近の系統的レビューおよびメタ分析により、3から12週間のさまざまな用量およびプロバイオティクス株の補充により、体重(0.6 kg) (0.27 kg / m 2)、およびプラセボよりも脂肪率(0.6%)減少しています
しかし、これらの効果は小さく、臨床的意義は疑わしいものでした。


Sanchez M、Darimont C、Drapeau V、Emady-Azar S、Lepage M、Rezzonico Eなど 肥満の男性と女性の体重減少と維持に対するラクトバチルスラムノサスCGMCC1.3724補給の効果。Br J Nutr 2014; 111:1507-19。PubMed abstract ]
  1. Crovesy L、Ostrowski M、Ferreira D、Rosado EL、Soares-Mota M.過体重被験者の体重と体脂肪に対する乳酸oba菌の効果:無作為化対照臨床試験の系統的レビュー。Int J Obes(Lond)2017; 41:1607-14。PubMed abstract ]
  1. ボルゲラスH、ジョンソンLK、スカッテブJ、ヘルテルJK、ヘルメスサエJ Obes Rev 2018; 19:219-32。PubMed abstract ]

POINT 

・腸内環境には寄与できるデータはあるが、減量やウエストに関する結果に一貫性はない。

・体重のコントロールを謳うものや知識は、前述したラット実験を根拠にしているのかも?

まとめ

摂ること自体は推奨されているプロバイオティクスですが、体重に関しては微妙な結果と。

期待するには効果はない。と言っても過言ではないそれは、摂取していたら痩せちゃってたぐらいな期待かと。