【インゲンマメ】減量に関するエビデンスについて【医療従事者】

今回はインゲン豆と減量について

ダイエット系サプリとしては珍しい?インゲン豆のエビデンスについて紹介します。

エビデンスについて

インゲンマメの体重減少と体脂肪への影響は、一貫性のない結果をもたらしたいくつかの臨床試験で調べられました。

イタリアの無作為化二重盲検プラセボ対照試験では、20〜45歳の軽度の過体重女性60人(平均BMI 26)が2,000〜2,200カロリーの食事計画に従い、約445 mgのファセオラスの乾燥水性抽出物を含む錠剤尋常性(Phase2®Starch Neutralizer IV)または炭水化物を多く含む食事を食べる前に1日1回プラセボ[ 216 ]と比較しました。

30日後、インゲンマメ抽出物摂取した患者は、プラセボを摂取した患者(平均体重減少0.35 kg)よりも有意に多くの体重(平均体重減少2.93 kg)が減少しました。

また、脂肪量、脂肪組織の厚さ、およびウエスト-ヒップ-太ももが大幅に減少しました。

しかし、米国での同様の試験では、20〜69歳の肥満の成人39人(主に女性、BMI 30〜43)、1日2回1,500 mgのPhase2®澱粉中和剤を昼食と夕食とともに摂取した人( )高繊維/低脂肪食で8週間は、プラセボを摂取した人よりも有意に大きな体重減少を経験しませんでした


合計247名の参加者を含む6件の試験(上記2件の試験を含む)の2011年レビューの著者は、445〜1,500 mg / dayの尋常性インゲンマメを4〜13週間にわたって有意に体脂肪を減少させた)が、体重減少には有意な影響を及ぼさなかった

しかし、著者は、レビューに含まれる試験の質が低く、確固たる結論を引き出すことが不可能であることに留意した。

そのレビューの発表後、123名の太りすぎおよび肥満の男性と女性を対象とした12週間の臨床試験で、尋常性インゲンマメは控えめながらも体重と体脂肪を有意に減少させることが示されました

参加者は、プラセボまたは1,000 mgのインゲンマメ(IQP-PV-101、Phase2®、Starchlite®、Phaselite™ブランドで販売)を1日3回、食事前に1日3回、合計3,000 mg低カロリー食(基礎エネルギーの必要量よりも500 kcal /日少ない)を摂取していました。

プラセボを服用している人と比較して、インゲンマメを服用している人は、体重(プラセボの平均損失が2.91 kg対0.92 kg)と体脂肪(プラセボの2.23 kg対0.65 kg)が大幅に減少しました。

  1. Onakpoya I、Aldaas S、Terry R、Ernst E. 減量サプリメントとしてインゲンマメの有効性:無作為化臨床試験の系統的レビューとメタ分析。Br J Nutr 2011; 106:196-202。PubMed abstract ]
  1. Udani J、Hardy M、Madsen DC。炭水化物の吸収と減量のブロック:フェーズ2ブランド独自の分別白豆エキスを使用した臨床試験。Altern Med Rev 2004; 9:63-9。PubMed abstract ]

POINT 

・インゲン豆は炭水化物等を阻害するブロッカーと呼ばれているため、減量の効果が期待されている。


まとめ

上記の研究では効果があるような無い様なものにも見られますが、摂取カロリーをコントロールされていたため、そっち!?と思わんばかりのものに。

ん~とも思われますが、有害作用も重大なものは報告されておらず軽微なものがほとんど。

気になる方はチェックされてみては?