【タンパク質】スポーツ選手をブーストしてくれる効果のエビデンスについて【医療従事者】

今回は運動選手とタンパク質について

筋肉を育てるためには栄養が必要になってきます。

そんな栄養摂取には様々な考え方があるようですが、あることないことを唱える説もあるようです。

NIHから発表されている情報でのエビデンスについて紹介します。

エビデンスについて

強度と筋肉量の増加につながる筋肉タンパク質合成は、運動後0〜2時間以内の高品質のタンパク質(約10 gのEAAの摂取)で早期回復期に最適であると思われます

しかし、ランダム化臨床試験のメタ分析では運動の前後1時間以内にタンパク質を摂取しても、筋肉の強度やサイズが大幅に増加したり、筋肉の修復や改造が促進されたりしないことがわかりました

運動後のタンパク質摂取は、筋肉タンパク質の分解を減らし、筋肉を構築し、ミトコンドリアのタンパク質を増加させて、筋肉の働きによる酸素の使用を促進します

これは最大24時間続きます

筋力トレーニングに携わる人々のいくつかの研究では、睡眠前にいくつかのタンパク質を摂取すると、夜の間にタンパク質合成の速度を増加させ、および/または筋肉量および強度を強化できることを示した

これらの研究の参加者は、乳タンパク質カゼイン27.5または40 gを含む就寝前の飲み物を消費しました。

これにより、一晩中循環アミノ酸レベルが増加しました。

いくつかの研究では、アミノ酸の血漿レベルが上昇すると筋肉タンパク質合成の増加が示されています。

  1. 医学研究所。食品栄養委員会。エネルギー、炭水化物、繊維、脂肪、脂肪酸、コレステロール、タンパク質、およびアミノ酸の食事摂取基準。ワシントンDC:ナショナルアカデミープレス、2005年。
  1. フィリップスSM。戦闘機でのタンパク質補給に関する考慮事項。J Nutr 2013; 143:1838S-42S。PubMed abstract ]
  1. マーティンWF、アームストロングLE、ロドリゲスNR。食事性タンパク質の摂取と腎機能。Nutr Metab 2005; 2:25。PubMed abstract ]
  1. アントニオJ、エラブロークA、シルバーT、バルガスL、タマヨA、ブーンR、ピーコックCA. 高タンパク食には有害な影響はありません。耐性訓練を受けた男性を対象とした1年間のクロスオーバー試験です。J Nutr Metab2016。http://dx.doi.org/10.1155/2016/9104792。PubMed abstract ]
  1. アントニオJ、エラブロークA、シルバーT、オリスS、シェイナーM、ゴンザウズA、ピーコックCA. 高タンパクの食事療法(3.4 g / kg / d)とヘビーレジスタンストレーニングプログラムを組み合わせることで、健康なトレーニングを受けた男性と女性の体組成が改善されます(フォローアップ調査)。J Int Soc Sports Nutr 2015; 12:39。PubMed abstract ]

POINT

・運動後の摂取も良いが、睡眠前の摂取も好ましいということ。

・運動後〇〇分の間に、はメタ分析により信憑性が低い。

・腎障害のことを言う人もいるが、それについては何らかしらの影響が出ることは確認できていない。

まとめ

取れる時に摂る。でも良いみたいですね。

鍛えて、その分摂った栄養はしっかりと貢献してくれるようなデータもありました。

よい筋肉ライフを。