【基本知識】小さな子供に起こるかもしれないアフターシェーブ中毒症とは?【医療従事者】

今回はアフターシェーブ中毒について

私が何それ!?と思った中毒症がありましたので、概要を紹介します。

概要

シェービング後に使用されるローションなどで起きる有害報告があるようです。

それを総称としてアフターシェーブ中毒と呼称されているようです。

シェービング後に塗ることが問題とされているわけではなく、
誤飲することが問題とされている中毒症状です。

有害成分として

・エチルアルコール
・イソプロピルアルコール

の成分が主に報告されています。

症状

・腹痛
・昏睡
・目の刺激
・頭痛
・低体温
・低血圧
・低血糖
・吐き気と嘔吐
・早すぎる心拍
・呂律が回らない
・歩行困難
・喉の痛み
・排尿困難

まとめ

誤飲したらそうなるよね。と言わんばかりの症状ですが、
症状だけが出ていても誤飲しているのかどうなのかがわからないと、本症とはわかり辛いものでもあります。

小さいお子さなどがいる家庭では特にご注意を。


フィンネルJT。アルコール関連疾患。In:Walls RM、Hockberger RS、Gausche-Hill M、eds。ローゼンの救急医療:概念と臨床診療第9版 フィラデルフィア、ペンシルバニア:エルゼビア。2018年:142章ジェイコブセンD、ホブダKE。メタノール、エチレングリコール、およびその他の毒性アルコール。で:シャノンMW、ボロンSW、バーンズMJ、編。ハダッドとウィンチェスターによる中毒および薬物過剰摂取の臨床管理第4版 フィラデルフィア、ペンシルバニア:エルゼビアサンダース; 2007:第32章。ネルソンME。有毒なアルコール。In:Walls RM、Hockberger RS、Gausche-Hill M、eds。ローゼンの救急医療:概念と臨床診療第9版 フィラデルフィア、ペンシルバニア:エルゼビア。2018:第141章ゾーゼルAE。中毒患者への一般的なアプローチ。In:Adams JG、編 救急医療第2版 フィラデルフィア、ペンシルバニア:エルゼビアサンダース; 2013:143章。