【生コーヒー豆エキス】減量に関するエビデンスについて【医療従事者】

今回は生コーヒー豆エキスとダイエットについて

カフェインとも似たような結果?かと考えられるこれとダイエットについてのエビデンスを紹介します。

エビデンスについて

マウスでは、高脂肪食と組み合わせた生コーヒー豆抽出物が有意に体重減少を示していました。

緑のコーヒー豆が人間の体重減少に及ぼす影響を調べた臨床試験はわずかであり、すべて方法論の質が低かった。

Onakpoyaと同僚は、太りすぎの参加者が180または200 mg /日のグリーンコーヒー抽出物を4〜12週間摂取した3つの試験のメタ分析を実施しました

研究者たちは、緑のコーヒー抽出物は体重に対して中程度であるが有意な効果があると結論付けました(プラセボよりも2.47kg多い平均減量)が、メタ分析に含まれるすべての研究の方法論の質が低いことに気付きました。

  1. チェBK、パークSB、リーDR、リーHJ、ジンYY、ヤンSHなど 生コーヒー豆抽出物は、高脂肪食誘発性肥満マウスの体脂肪を減らすことで肥満を改善します。Asian Pac J Trop Med 2016; 9:635-43。PubMed abstract ]
  1. Song SJ、Choi S、Park T.カフェイン抜きのコーヒー豆抽出物は、マウスの食事誘発性肥満とインスリン抵抗性を軽減します。Evid Based Complement Alternat Med 2014; 2014:718379。PubMed abstract ]
  1. Onakpoya I、Terry R、Ernst E.減量サプリメントとしての緑のコーヒー抽出物の使用:無作為化臨床試験の系統的レビューとメタ分析。Gastroenterol Res Pract 2011; 2011。PubMed abstract ]


POINT

・コーヒー豆とダイエットに関する研究は一部、効果の有益性を強調する内容となり連邦取引委員会より批判され、その後ジャーナルは撤回されている。

・効果はあるのかも??しれない・・・

まとめ

う~ん、となる結果に。

コーヒー好きな方は減量への意味というものは置いておく内容になりますが、
別の狙いで摂取されること自体は良いかと。

しかし、あの時あれだけメディアで言われていた効果の裏付けって・・・