【マインドコントロール】悪用厳禁!脳神経科学的にみた催眠や洗脳について【医療従事者】

今回は脳神経科学的にみる暗示について

暗示と聞くと催眠商法などの悪いイメージもされる人もいるのかと思われます。

この手法には心理手法が応用されており、顕在意識、潜在意識に働きかけ行われます。

脳の構造から

顕在意識は前頭葉が関与しており、潜在意識は視床下部、扁桃体が関わる領域が関与しています。

「洗脳」といわれるものは、顕在意識に働きかけるマインドコントロールとなり、
手法は単純で対象の相手に大きな苦痛を与えます。

食事を与えない、水を飲ませない、重労働を強いるなど肉体的に大きな苦痛を与えることが第一段階だそうで。

数日間これを体験させられるとヒトは判断力を失ってきます。

その状態から更に対象のヒトの人格を全否定するなどの暴言を浴びせることによって脳はパニック状態になります。

そうなると顕在意識に関係する前頭葉の働きは不十分なものとなりますが、手のひら返しをそのタイミングで行うことでドーパミンが放出され救ってくれた人を疑いもなく信じてしまうということに。

上述したような例は見られにくいものの、ブラック企業のような過酷な労働環境で上司を崇拝する図式はこういった方法が取られているからではないのでしょうか?


潜在意識に働きかけるには?

今は禁止もされている「サブリミナル・パーセプション」という方法で潜在意識に対してマインドコントロールが為されます。

それは昔映画などで飲み物や食べ物を1コマ入れることで、購入を促していたアレってやつです。

但し、この方法は手の込んだ方法かと思われるかもしれませんが、
霊感商法など人の潜在意識に働きかける方法は意外にも簡単に行うことも出来るようです。

「あなたの先祖は不幸な死に方をしたため、貴方は病気を患っている」など言われると、顕在意識でははっきりと否定はするが、潜在意識の方では視床下部や扁桃体が快・不快情報に照らし合わせ、不快な情報であればそれを回避するための注意が喚起されます。

その結果意味のわからない買い物をしたりなどの判断がくだされるということに。

まとめ

催眠療法は有効なのか?と言われますと潜在意識に、顕在意識に働きかけられる方法と言うものは実際に治療法にもあったりします。

テレビを点けたまま脳が半覚醒の状況で本人に意識させずに情報をインプットすることが出来るということが催眠でもあります。

これらの情報は「悪用厳禁」となりますが、
脳神経科学的には前頭葉と視床下部、扁桃体と働きかけられているマインドコントロールはある。ということだそうで。