【ドライアイ】に対する介入のエビデンスについて【医療従事者】

今回はドライアイに対する介入について

モニターなど、目を酷使している現状では起こりやすいドライアイ。

眼の涙液膜に障害が起きていることが原因ともいわれていますが、
それに対する介入のエビデンスについて紹介します。

研究内容

このレビューには、オーストリア、カナダ、中国、ギリシャ、日本、メキシコ、オランダ、トルコ、英国、米国の18の試験(参加者711、1249の目)が含まれていました。

5つの試験では、涙点プラグと涙点プラグ(コントロール)を比較しました。
これらの試験の3つは偽の治療を採用し、2つの試験は対照群を観察しました。

2件の試験では、このレビューに関連する結果データは報告されませんでした。
症候性の改善に関する非常に低い不確実性の証拠がありました。
この結果を報告した3つの試験では、異なる尺度を使用して症状を測定しました。3つの試験すべてで、涙点プラグがない場合と比較して涙点プラグがある場合の症状スコアの改善はほとんどまたはまったくありませんでした。

同様に涙点プラグ群の人々は涙液層の安定性にわずかな差があり、より安定性が高い結果もあります。

人工涙液塗布の回数は、1回の試験で涙点プラグなしグループと比較して涙点プラググループの方が少なかった。

さらにもう1つの試験では涙点プラグをシクロスポリンと比較し、1つの試験では涙点プラグを経口ピロカルピンと比較しました。

5つの試験では、涙点プラグと人工涙液を比較しました。トライアルの1つでは、涙点プラグを人工涙液と組み合わせ、人工涙液のみと比較しました。
症候性の改善に関する非常に低い不確実性の証拠がありました。

結論



個々の試験の研究者は涙点プラグがドライアイの兆候と症状を治療するための効果的な手段であると結論付けましたが、この系統的レビューの証拠は症状の改善と一般的にテストされたドライアイの兆候は決定的ではないことを示唆しています。11件の追加試験が含まれているにもかかわらず、この更新されたレビューの結果は2010年に公開された以前のレビューと一致しています。調査された涙点プラグのタイプ、治療されるドライアイのタイプと重症度、および試験方法論の不均一性は、私たちの能力を混乱させます涙点プラグ使用の有効性に関する決定的な声明を作成します。涙点プラグは比較的安全であると考えられていますが、それらの使用は一般にエピフォラに関連し、それほど一般的ではありませんが、涙嚢炎などの炎症状態に関連しています。

Ervin AM、法律A、Pucker AD。ドライアイ症候群の涙点閉塞。Cochrane Database of Systematic Reviews 2017、Issue6。アート。番号:CD006775。DOI:10.1002 / 14651858.CD006775.pub3。

 まとめ

この涙点プラグという方法を実践すると、涙を表面上に留めることが可能になるようですが、結論としては上記のようなものに。

私自身もドライアイなので期待して読んでは見ましたが、う~ん。という内容に。

個々の試験では・・・とはありますが、有効性が高い!とも言えるものが少なかったということもあります。

もっといい方法があれば記事にします。