【アレルギー】乳児のアレルギーに対策する介入のエビデンスについて【医療従事者】

今回はアレルギーと食品について

生後アレルギーが判明した乳児は母乳で育てることが困難なこともあります。

加水分解され、調整された飲料を飲ませる試みがありますが、
それについてのエビデンスを紹介します。

研究内容

合計16の研究が含まれました。
2つの研究では、出生後の病院での3〜4日間のEHFの乳児補充の効果と低温殺菌された母乳の摂取量を評価しました。
90人の乳児を登録した単一の研究では、
すべてのアレルギー性疾患(RR 1.43、95%CI 0.38から5.37)または乳牛アレルギー(CMA)を含む小児期までの特定のアレルギー性疾患(RR 7.11、95%CI 0.35から143.84)の違いは報告されていません

単一の研究では、乳児のCMAに差はないと報告されています(RR 0.87、95%CI 0.52〜1.46、参加者= 3559)。

証拠の質は、すべての結果について非常に低いと評価されました。

結論


アレルギー性疾患の予防のための排他的な母乳育児と比較して、加水分解されたフォーミュラによる短期または長期の授乳をサポートする証拠は見つかりませんでした。非常に低品質の証拠は、CMFと比較したEHFの短期使用が幼児CMAを防ぐ可能性があることを示しています。この慣行を実施する前に、さらなる試行をお勧めします。母乳だけで育てることができない乳児のアレルギー性疾患の予防のために、CMFと比較して加水分解された処方で長期の授乳を支持する証拠は見つかりませんでした。

オズボーンDA、シンJKH、ジョーンズLJ。アレルギー性疾患の予防のための加水分解タンパク質を含む乳児用調合乳。Cochrane Database of Systematic Reviews 2018、Issue10。アート。番号:CD003664。DOI:10.1002 / 14651858.CD003664.pub6。 

まとめ 

これはこれは。

調整され安心して摂取させるはずのものに有意差がなかった。という結果に。

とはいえ、サンプル数に限りがあるため研究結果次第では?

となってしまう結果に。