2019年11月現在まできた質問に答えた例を紹介します。【医療従事者】

今回はこのブログにきた質問に答えたものを紹介します。

このブログには問い合わせ欄を設置しています。

そこから幾つか問い合わせをもらいますが、どう勉強すれば良いのか?ということについて多く頂いています。

方法自体をお伝えもしていますが、中にはあれ?ということもありますので、この記事をご覧いただき参考になることがあれば、とも思っています。

何処までを覚える必要はありますか?

各資格には教材がありますが、その教材のどこまでを覚える必要があるのか?と聞かれることがあります。

最低限関係することが記述されていれば、どうでも良い知識までも記述されているのが教材だったりもしますので、お聞きしてくる気持ちは十分に判ります。

しかし、ご一考頂きたいのは私が覚えなくとも良い、といったことは人や職場、資格上によっても相違することがあります。

例えばですが、理学検査において各関節可動域を評価することがありますが、基本軸や移動軸、角度、検査肢位を覚える項目があります。

人によっては角度だけで良い、ということも聞きましたし、上述したものに加え、限りなく良い評価をするためにそれ以上の注意点も覚えないといけない。という人もいます。

私としては後者の意見ですが、角度だけでも良い、どうせその評価には誤差が生じるものだから細かく見なくとも良い、と言う意見もあります。

これは個人の考え方に依存する意見になるため、医療従事者としてはマズイ状況にもなるのかと思いますが、それを正しくやったからと患者満足度が向上するとも言い切れません。

よって、自分に「足りないこと」を感じたら即学ぶ、ということをお伝えしています。

足りないことを自覚するためには、現場などに入り、失敗することを許容することを前提に考えましょう。

○○法を教えて!

これも多い質問なのですが、○○法を教えてくれ!という問い合わせもあります。

ご自身で調べてください。

その上で分からないことを質問してください。と伝えています。

そもそもですが、自分で調べもしないのに覚えられるはずもなく、
質問の仕方も間違っていることが多いです。

では自分に置き換えて考えてみてください。

「○○骨折を覚えたいのですが、教えてもらえますか?」
と聞かれても何を覚えたいのかわかりません。

概要なのか?それ以上のことなのか?

自分で考えない質問厨に多いような思考なのかもしれませんが、
そういった質問には返信はしていませんので悪しからず。

そういった方法などの質問をするならば、その方法のエビデンスがあるのか?
実際に臨床で使ってみてどうだったのか?などの自分が困ったことに対して質問をして頂くならば喜んで答えております。

まとめ

ブログの掲載期間も経ってきたのか、問い合わせから何らかしらのメッセージが届くことが多くなってきました。

中には粗悪と考えるものもありますが、上述したような質問や答える意味のないものも多く見受けられます。

無料で何かに応えることが当然。というスタンスな方の問い合わせに対しては相応の対応しかしません。

このブログではエビデンスによる知識を紹介し、選択肢を増やす。というコンセプトは変えずにやっているため、相談所などではない。ということはご存知ください。