【負傷】建設関連の労働者の負傷を予防する介入で最も良い方法について【医療従事者】

今回は労働者の負傷を予防する介入について

労働者の負傷と言えば、建設関連に従事する人たちの労働傷害は認知されやすい代表的なものです。

それらの負傷を予防することは、従事する人たちの健康やそれらに対する対価などにも影響があるため、何らかしらの介入によって変化が必要かと思われます。

それに対する研究を紹介します。

研究内容

17の研究(14のITSと3つのCBAの研究)は、この更新版のレビューの選択基準を満たしました。
ITS研究では、建設現場の安全衛生要件を定めた規制の導入または変更、安全キャンペーン、薬物のない職場プログラム、トレーニングプログラムの効果を評価しました。

1つのCBA研究では、リスク評価や健康監視などの産業保健サービスの導入を評価し、1つはトレーニングプログラムを評価し、もう1つはより安全な足場へのアップグレードに対する補助金の効果を評価しました。

強制的な介入

国家レベルまたは支部レベルでの規制介入は、初期効果がある場合とない場合があり、持続効果がある場合とない場合があります。

教育的介入

安全訓練の介入は、致命的ではない負傷の有意な減少をもたらさない可能性があります。

情報介入

リスクコミュニケーションのキャンペーンなどの情報介入のみを評価した研究は見つかりませんでした。

説得的な介入

安全な作業方法の受け入れを高めるための職場での行動に関するピアフィードバックなど、説得力のある介入のみを評価した研究は見つかりませんでした。

促進的介入

企業への金銭的補助金は、補助金なしよりも低いレベルへの転倒からの致命的でない傷害の大幅な減少につながる可能性があります。

多面的な介入

安全キャンペーンの介入により、企業レベルでの負傷の初期および持続的な減少がもたらされる可能性があります。
ただし地域レベルではありません。

企業レベルでの多面的な薬物を使用しない職場プログラムは、実施後1年で致命的でない負傷を100人年あたり-7.6、その後数年で100人あたり-2.0減らすことができます。

労働衛生サービスを導入しても、致命的または致命的ではない負傷が減少することはありません。

結論


安全性に関する一般的なテキスト、コンサルタント、および安全コースで推奨されている安全対策を採用するための介入の大部分は、十分に評価されていません。規制を導入することにより、致命的および致命的ではない傷害が減少する場合とそうでない場合があるという非常に質の低い証拠があります。また、地域指向の安全キャンペーン、トレーニング、検査、または労働衛生サービスの導入が建設会社の致命的でない負傷を減らさないかもしれないという非常に質の低い証拠もあります。多面的な安全キャンペーン、多面的な薬物職場プログラム、足場の交換のための補助金などの企業志向の安全介入が建設労働者の致命的でない傷害を減らす可能性があるという非常に質の低い証拠があります。さらなる研究、できればクラスター無作為化比較試験、

ファンデルモーレンHF、バスネットP、フーナッカーPLT、レトラMM、ラッパライネンJ、フリングスドレセンMHW、ハスラムR、バービークJH。建設労働者の負傷を防ぐための介入。Cochrane Database of Systematic Reviews 2018、Issue 2. Art。番号:CD006251。DOI:10.1002 / 14651858.CD006251.pub4。 

まとめ 

必要に応じた対応を行うことは負傷を減少させる可能性はあるようです。

しかし、介入の行い方によっては意味を為さないものもあるようで、上述した研究は参照に出来るたる情報かもしれません。

詳細な数値などは伏せていますが、金銭的な補助などを行うことが減ったりしている結果も出ているため、関与される方は参考までに。