【薬物療法】膝蓋大腿症候群に対する薬物療法のエビデンスについて【医療従事者】

今回は膝蓋大腿症候群の薬物療法について

膝蓋骨の後面に不定愁訴や階段の昇降運動で疼痛が出る膝蓋大腿症候群。

これらに対処するための薬物療法のエビデンスを紹介します。

研究内容

4つの試験(163人の参加者)がNSAIDの効果を研究しました。

高品質の試験でアスピリンとプラセボを比較したところ、臨床症状と徴候に有意な差は認められませんでした。

ナプロキセンは、プラセボと比較した場合に有意な短期間の痛みの軽減をもたらしたが、ジフルニサルと比較した場合はそうではなかった。

圧痛領域で血流を刺激するレーザー療法は、テノキシカムよりも参加者の満足度を高めたが、有意ではなかった。

2つの高品質RCT(84人の参加者)がグリコサミノグリカンポリサルフェート(GAGPS)の効果を研究しました。

6週間で12回の筋肉内注射を行うと、1年後に全体的な治療効果が良好な参加者が大幅に増え、2つの活動のいずれかで痛みが大幅に軽減されました。

GAGPSとリドカインの週5回の関節内注射を、生理食塩水とリドカインの関節内注射、または注射なしで、すべて同時大腿四頭筋トレーニングと比較しました。

注入された参加者は6週間後により良い機能を示しましたが、GAGPS注入された参加者と注入されていない参加者の違いのみが有意でした。違いは1年後に消えていました。

1件の試験(参加者43名)は、フェニルプロピオン酸アナボリックステロイドの筋肉内注射により、プラセボ注射と比較して疼痛と機能の両方が有意に改善したことを発見した。

結論


PFPSの短期間の痛みの軽減に対するNSAIDの有効性については、限られた証拠しかない。グリコサミノグリカンポリ硫酸の効果の証拠は矛盾しており、さらなる調査に値します。蛋白同化ステロイドナンドロロンは効果的かもしれませんが、PFPSの治療には物議を醸しすぎています。

Heintjes EM、Berger M、Bierma-Zeinstra SMA、Bernsen RMD、Verhaar JAN、Koes BW。膝蓋大腿痛症候群に対する薬物療法。Cochrane Database of Systematic Reviews 2004、Issue3。アート。番号:CD003470。DOI:10.1002 / 14651858.CD003470.pub2。 

まとめ 

限られた期間のみ疼痛を軽減できるという結論となっていました。

薬物療法の大半は根治という言葉にあたるものはありませんが、根治するための疼痛コントロールとして使用されるという目的があることもあります。

それらを理解せずに使用する患者も少なくはないため、薬物療法の効きの悪さに文句を言う人もいます。

効果的な部分は利用し、自分の利益に合った方法を選択するための1つとしてご存知頂きたいエビデンスでした。