【治療方法】胸腰椎破裂骨折の外科、非外科的な治療方法のエビデンスについて【医療従事者】

今回は胸腰椎破裂骨折の治療方法について

胸腰椎破裂骨折の外科的、非外科的な治療方法のエビデンスについてですが、
参照にしている論文は神経学的欠損の無い状態に限る話にはなるようで。

研究内容

神経学的欠損のない胸腰椎破裂骨折患者の外科的治療と非外科的治療を比較した2つの試験を含めました。
これらは合計87人の参加者を募集し、2年以上のフォローアップで79人の参加者の結果を報告しました。

両方の試験は、盲検化の欠如に起因する選択バイアスの不明確なリスクと、パフォーマンスおよび検出バイアスの高いリスクで判断されました。

2つの試験では、最終フォローアップ時の痛みと機能関連の結果の対照的な結果、および仕事に戻った数が報告されました。

ある試験では、痛みが少なく、RolandおよびMorrisの障害アンケート結果に基づいて機能が改善されました。

どちらの試験でも、仕事への復帰における統計的に有意な差は報告されていません。

両方の試験の手術群で合併症のある参加者の数が多かった。
そして、このグループの参加者のみが、合併症のため、または当然のこととして、インプラント除去を伴うその後の手術を受けました。

ある試験では、手術は非外科的治療の4倍以上の費用がかかると報告されました。

結論


2つの小規模で潜在的に偏ったランダム化比較試験によって提供された矛盾する証拠は、神経学的欠損のない胸腰椎破裂骨折の患者に外科的または非外科的治療が優れた痛みと機能的転帰をもたらすかどうかを結論付けるには不十分です。ただし、手術は初期の合併症の増加とその後の手術の必要性、および初期医療費の増加に関連している可能性があります。

アブドウM、チェンX、コングX、ウーT.神経学的欠損のない胸腰椎破裂骨折に対する外科的治療と非外科的治療。Cochrane Database of Systematic Reviews 2013、Issue6。アート。番号:CD005079。DOI:10.1002 / 14651858.CD005079.pub3。 

まとめ 

結果からは外科的、非外科的な方法のどちらが優位となる結論ではありません。

どちらにも利点と欠点がありますし、費用的な面も考慮しながら治療を検討する必要はあるため、良く相談してから決定するべきなのかと思います。

限られたデータではありますが、こういった限定的なcaseをまとめていた論文には感謝です。