【ストレッチなど】の理学療法とハムストリングス損傷のエビデンスについて【医療従事者】

今回はハムストリングス損傷のリハビリについて

ハムストリングス損傷はスポーツにおいて一般的であるため、
損傷した際のリハビリテーションを覚えることは医療従事者として必須といえることなのかと。

リハビリの中でも理学療法で行える範囲について研究されている論文を紹介します。

研究内容

レビューには合計104人の参加者を対象とした2つの試験が含まれていました。

1つの試験では、1日1回のストレッチと追加の(1日4回)を評価し、もう1つの試験では、運動機能障害とストレッチと強化の運動を評価しました。

80人のエリートアスリートが参加した最初の試験では、ストレッチを追加することで完全な活動に戻るまでの時間を短縮できることが示唆されました。

多様なスポーツ背景を持つ24人の参加者を含む2回目の試験では、差の決定的な証拠は見つかりませんでした。

しかし、運動機能障害の運動を使用した場合、64%に対して8%の再​​傷害率の低下が報告されました。

結論


ハムストリング損傷のリハビリテーションのために提案されたほとんどの理学療法技術は、無作為化試験を使用して評価されていません。参加者と結果の範囲が限られた単一の研究のみを行っているもの。ハムストリングストレッチ運動の頻度を増やすことで、エリートアスリートの回復時間を短縮できることを示唆する証拠は限られています。混合運動選手の別の小規模な研究から、運動機能障害を修正するための運動が完全な活動に戻る時間と再傷害のリスクを減らすことができることを示唆する予備的な証拠があります。これらの調査結果を確認するには、さらなる調査が必要です。さらなる証拠が利用可能になるまで、現在の実践と広く公開されているリハビリテーションプロトコルはサポートも反論もできません。

メイソンDL、ディケンズVA、ベイルA.ハムストリング損傷のリハビリテーション。系統的レビュー2012年、第12号のコクランデータベース。アート。番号:CD004575。DOI:10.1002 / 14651858.CD004575.pub3。 

まとめ 

小規模かつ限定的な結論であるため、理学療法などの混合した運動などが受傷したハムストリングスの復帰を早めるのか、予防できるのかはわかりません。

医療従事者の多くは、自身の体験談などを照らし合わせて治療法を選択することもあるため、限りあるサンプル数1の結果を全員にも適用できると妄信していることもあります。

この研究からは、それらの方法はその1つであり、絶対的なものではないため見極めながら提供するべきである。ということを示唆しています。

ストレッチや強化運動などの方法についてのみ。となるものでした。