【治療】医師以外の医療従事者が提供する方法に関するエビデンスについて【医療従事者】

今回は医師以外が処方する治療方法について

日本での医療と言えば、医療機関を受診し、医師による診断が行われ治療法が決定されます。

一般的な感染症などでは、薬物療法が選択されることがほとんどですが、
それ以外にも提供されている方法なども数多くあります。

そこで興味深い論文を見つけたため、紹介します。

研究内容

46の研究(37,337人の参加者)を含めました。
非医学的処方は、26の研究で看護師によって、20の研究で薬剤師によって行われました。
45の研究で、ケアの要素としての非医療処方を通常の医療医療処方と比較しました。

さらなる研究では、ガイドラインに裏付けられた看護師の処方と通常の看護師の処方ケアが比較されました。
他の医療専門家による非医療処方の研究は見つかりませんでした。
非医療用処方の教育要件は、国と場所によって異なりました。

慢性疾患のサロゲートマーカー(収縮期血圧、糖化ヘモグロビン、および低密度リポタンパク質)のメタ分析では、介入グループの肯定的な効果が示されました。
12ヵ月時点での血圧および低密度リポタンパク質の研究については、ある程度の証拠がありました。

患者は一般に、医療以外の処方者のケアに満足していました。
間接性のためにエビデンスの確実性を中程度から中程度にダウングレードしました。

ケアの処方コンポーネントに対する満足度は1つの研究でのみ扱われ、検証済みツールをほとんど使用しない満足度測定のばらつきがありました。

結論


調査結果は、さまざまな状況でさまざまな高レベルの処方自律性で練習している非医療処方者が、通常の医療処方者と同じくらい効果的であることを示唆しています。非医療処方者は、収縮期血圧、糖化ヘモグロビン、低密度リポタンパク質、服薬遵守、患者満足度、および健康関連の生活の質について同等の結果をもたらすことができます。複数の研究にわたる報告の一貫性とばらつきのために、有害事象や資源使用の結果に対する医学的処方と比較して、非医療的処方の影響を判断することは困難でした。今後の努力は、高所得国と低所得国の両方で、非医療処方の臨床的、患者報告、リソース使用、および経済的結果を明確に特定できる、より厳密な研究に向けられるべきです。

週G、ジョージJ、マクルアK、スチュワートD.プライマリおよびセカンダリケアにおける急性および慢性疾患管理のための非医療処方と医療処方 Cochrane Database of Systematic Reviews 2016、Issue11。アート。番号:CD011227。DOI:10.1002 / 14651858.CD011227.pub2。 

まとめ 

医療提供者や変化のある値も限りのある結論ですが、医師が管理しなければならない。ということではないということに。

医療関係者でも管理する分野への知識が備わって入れば、患者満足度は高いまま健康に寄与できるということになりますが、限定的な証拠ではあるということです。

柔道整復師でも何が提供できるのか?ということを考えながら始めたブログですが、
興味持った分野への学びの探求心は変わらず広いままになっています。

まだまだ健康相談などきていますが、お答えできることは全力でお答えしています。

何かしらでお役立ちできれば。