【尿失禁】女性の尿失禁に対する腹腔鏡下膣吸引術のエビデンスについて【医療従事者】

今回は女性の尿失禁に対する腹腔鏡下手術について

女性ではないので、尿失禁に対する心配などは特別ないのですが、
周りではそれらに困っている、或いは気になっている人がいます。

そういう人に対して筋力トレーニングなどを案内しても良いのかもしれませんが、
尿失禁に困る人に対して紹介する論文の結論を知っていて紹介するのも良いのかも知れません。

研究内容

2271人の女性を含む26の試験を含めました。
13件の試験(1304人の女性)が腹腔鏡下コルポサスペンジョンと開放性コルポサスペンジョンを比較し、9件の試験(412人の女性)が尿道中部スリング手順と比較しました。

1件の試験(161人の女性)は、1本の縫合糸による腹腔鏡下コルポサスペンジョンと2本の縫合糸による腹腔鏡下コルポサスペンジョンを比較した。

3件の試験(女性261名)は、腹腔鏡下コルポサスペンジョンと縫合糸を、腹腔鏡下コルポサスペンジョンとメッシュおよびステープルを比較しました。

ほとんどの試験では、18か月を超えて参加者を追跡しませんでした。

縫合を使用した腹腔鏡下コルポサスペンジョンと18か月以内の主観的治癒のための開コルポサスペンジョンとの間にほとんど違いはありません。

メッシュとステープルを使用した腹腔鏡下コルポサスペンジョンが、18か月以内の主観的治癒のためのオープンコルポサスペンジョンよりも良いか悪いかは不明です。

腹腔鏡下コルポサスペンジョンは、周術期合併症のリスクが低い可能性があります。

腹腔鏡下コルポサスペンジョンを伴う膀胱穿孔の割合は同じかそれより高い場合があります。de novo排尿筋過活動率と排尿機能障害の割合は似ているかもしれませんが、不確かであり、それは信頼区間が広いためです。

生活の質に関する5つの研究が報告されたが、データを統合することはできなかった。

低品質のエビデンスは、1本の縫合糸と比較して2本の縫合糸の方が18か月以内に主観的治癒率が高い可能性があることを示しています。

1本の縫合糸と2本の縫合糸を比較すると、1本の縫合糸の反復失禁手術率が低く、同様の周術期合併症のリスクとなります。
しかし、95%CIが広いため不確かなものです。

2本の縫合糸と比較して、1本の縫合糸では排尿機能障害の割合が高くなる場合があります。

結論


データは、18ヶ月以内の失禁の主観的治癒に関して、腹腔鏡下コルポサスペンスと開放性コルポサスペンスの間、または腹腔鏡下コルポサスペンスと尿道スリング手技の間にはおそらくほとんど差がないことを示しています。証拠の多くは質が低いため、腹腔鏡下コルポサスペンジョンについてはかなりの不確実性が残っています。将来の試験では、適切な数を募集し、長期の追跡調査を実施し、臨床的に重要な結果を測定する必要があります。簡単な経済的解説により、3つの研究が特定されました。私たちはそれらを品質評価していないため、臨床的有効性に関する知見に照らして解釈すべきです。

フレイテスJ、スチュワートF、オマールMI、マシャエキヒA、アグルウィスコンシン。女性の尿失禁に対する腹腔鏡下膣吸引術。系統的レビューのコクランデータベース2019、第12号。番号:CD002239。DOI:10.1002 / 14651858.CD002239.pub4。 

まとめ 

腹腔鏡下膣吸引術に関するレビューはこのようなものに。

それぞれの手法に関しての比較でも差が少ないことが示されていますが、
確定的な結論でもないため手術に不安が残ることになるのに違いはありません。

提供される手術に対してはどのような利点と欠点があるのか?ということを踏まえ、
自分で許容できる範囲での欠点を調べ上げて挑む必要はあるようで。

何かの参考になればなによりで。