【考察】整骨院や柔道整復師がオワコンな理由について

何故整骨院は終わったコンテンツなのか?という考察について

日本人の方には周知されつつある「整骨院」ですが、一時期から数が急増しコンビニの件数を抜いているとも言われています。

そして、増えているのでさらに目立っているのが整骨院の廃業についてですが、
これについて現役柔道整復師が考察してみます。

異論や反論など多々思われることはあるでしょうが、
医療従事者KeiS個人の意見としてお読みください。

何をするところなのかわからない

整骨院は何をするところですか?

そう聞かれても通っている人すらも答えを迷ってしまう質問かと。

何屋さんなのか不明なところも終わっている要素なのかもしれません。

健康保険の加入時に配布されるパンフなどには、急性期の筋肉や骨の障害を。というニュアンスで記述されていますが、専門的に書かれていてもピンときません。

他の医療関連施設と違い、何をしに行く場所なのかがハッキリしていないので医療関連施設とも言えないのが現状です。

そして、資格上医療従事者ですが、施設上は医療関連施設とも言えないこともフワッとしている理由なのかと。

本来は肩凝りや各矯正などを行う場所ではありませんし、美容に関することを行う場所でもありません。

そういった法的に出来ないことを「整体院併設」という名目で出来るようにはしていますが、従事している人に美容関係者などはおらず、柔道整復師などの専門外の人が提供している施設であることに変わりはありません。

美容などを目的とされるならば、資格上では選ぶべきではありませんが、
実際に何処にいけば信用できるのか?ということについては言及しません。

まとめますと、

・整骨院が出来る「骨折、脱臼、捻挫、打撲」の対処という認知がない。

・看板などには上述した4項目以外の「肩こり、○○矯正、腰痛、美容効能」などの関係のない謳い文句が飛び交っている。

こういったことから何をしてくれる場所なのかがわからない。ということも終わっているコンテンツ要因だと考えています。


収支が成り立たない

上述した「骨折、脱臼、捻挫、打撲」という対処ができる柔道整復師を中心とした整骨院では収支が成り立たない問題があります。

実際にこれらの対処が行える人がいれば頼りがいもあり、困った際には通っても良いのかもしれませんが、世間のニーズと合っていないこともあり、これらの対処が出来る人が少なくなってきていることも現状です。

本来の業で稼げない。となると頻繁に取り上げられる保険の不正請求や自由診療などで、売り上げを立てるしかなくなってきますが、不正や信用性に欠ける自由診療の提供は流行らない要因を生み出しているとも言えます。

上述した業の内容を十分に活かせる現場などに従事していれば良いのでしょうが、
そういった現場は絶対数が少ないため、資格者が増えている現状と現場の少なさが相まって余っている状況も収支が成り立たなくなる要因です。

対処が出来る人が少ないとも書きましたが、私が会ってきた同業者ではそれらが出来る人は限られており、その知識や技術も資格を取る上での建前のようにもなっています。


この部分でまとめますと、

・本来の業務では収支が成り立たない

ということに。

資格を取る必要性と難易度の設定

「柔道整復師」という資格に関してだけで言うと、取る必要性はないと思っています。

理由としては上述した通り業を行える環境が少なくなっていることからです。

そして、医療業界の動きからも整骨院で認められる業に医師の同意が必要である部分が厳重かされ始めていることから、より受領委任による保険の利用は厳しいものとなるのかもしれません。

柔道整復師という資格を取得する際に思ったのは、勉強や試験に関する難易度はかなり低いです。

難易度が低い。ということはその資格上で行える業務との関連性を考えるとバシバシに仕事があるとも想像することは困難ではないのでしょうか?

こんな私でも国家試験では90%以上の正答率で合格していますので、
どれだけ簡単なのかはお察し頂けるのかと思われます。

国家資格。となっていますが、収入面などでは民間資格と何ら変わらないのが現状でもあります。

このことでまとめますと、

・どうしても欲しい資格でない上に収入面でも民間資格に劣ることがあるのが柔道整復師。

まとめ

オワコンな理由は色々ありますが、パッと思いつくのはこのぐらいです。

ちゃんと外傷や非外傷でも、判断して対処できるようになると面白い資格ですが、
ただのマッサージや整体師のように振舞う人が大半なので魅力のない資格や施設にもなります。

最後に私としてはこれらのオワコンに絶望するくらいなら、
オワコンならないように従事出来る環境に身を投じてみては?と考えます。

需要は少ないですが、自らの行動で切り開いてみてください。