【サプリメント】ドライアイに効果が!?オメガ3サプリメントのエビデンスについて【医療従事者】

今回はドライアイとオメガ脂肪酸について

ドライアイは現在における環境として問題としている人も少なくはありません。

注視する作業が多い日常生活なら尚のことです。

そのドライアイに対してアレコレと方法を聞きますが、サプリメントでの興味深い論文がありましたので紹介します。

研究内容

さまざまな重症度と病因のドライアイを持つ13か国からの4314人の成人参加者を含む34のRCTを含めました。
フォローアップ期間は1〜12か月です。

長鎖オメガ-3(EPAおよびDHA)対プラセボまたは無治療(10 RCT)

長鎖オメガ3とプラセボのドライアイ症状の軽減はほとんどまたはまったくないという確実性の低いエビデンスが見つかりました。

プラセボと比較して、涙液産生の増加における長鎖オメガ3サプリメントの可能性の高い利益を示す中程度の確実性エビデンスが見つかりました。
この違いを臨床的に意味があると判断できなかったそうですが。

涙液浸透圧の低下の可能性に関する低い確実性の証拠が見つかりました。
異質性が大きすぎて、涙液崩壊時間(TBUT)および悪影響に関するデータをプールできません。

オメガ3およびオメガ6とプラセボの組み合わせ(4つのRCT)

症状(確実性が低い)および眼表面の染色(確実性が中程度)については、含まれている4つの試験のデータをメタ分析できなかったため、これらの結果への影響は不明でした。
シルマーテストでは、グループ間差がないという中程度の確実性の証拠が見つかりました。
プラセボと比較して、PUFA介入によるTBUTの改善の可能性について中程度の確実性がありました。
涙液の浸透圧および有害事象に対する影響は不明であり、データは各結果について単一の小規模な研究からのみ得られました。

Omega-3プラス従来療法と従来療法単独(2つのRCT)

オメガ3プラス従来の治療と従来の治療単独の場合、オメガ3グループを支持する症状のグループ間差異を示唆する低い確実性エビデンスが見つかりました。
他のすべての結果についてデータを結合することはできませんでした。

長鎖オメガ-3(EPAおよびDHA)対オメガ-6(5つのRCT)

長鎖オメガ3とオメガ6のサプリメントの場合、ドライアイ症状の改善の可能性について中程度の確実性エビデンスが見つかりました。

眼表面の染色、シルマー試験またはTBUTに関連する結果のメタ分析は不可能でした。
涙液浸透圧の潜在的な改善の低い確実性の証拠が見つかりました。

胃腸の副作用に対する潜在的な影響に関して低いレベルの確実性がありました。


結論


全体として、このレビューの発見は、ドライアイ疾患の管理における長鎖オメガ3サプリメントの可能な役割を示唆していますが、証拠は不確かで一貫性がありません。中核的な結果セットは、報告の一貫性と証拠を統合する能力の向上に向けて機能します。

ダウニーLE、Ng SM、リンズリーKB、アクペックEK。ドライアイ疾患用のオメガ-3およびオメガ-6多価不飽和脂肪酸。系統的レビューのコクランデータベース2019、第12号。番号:CD011016。DOI:10.1002 / 14651858.CD011016.pub2。

まとめ 

オメガ3脂肪酸サプリメント関連では多様な効能が期待されいるため、ドライアイに関しても効果があるのか?と思い紹介しましたがこのような結論でした。

期待する。というよりもそのような効能があったらラッキーなぐらいな結果なようですので、ドライアイに関する確実性のある研究論文があれば記事にしたいと思います。