【考察】ご注意を。柔道整復師が勧める接骨・整骨院の利用について

今回はこんな接骨・整骨院にご注意!ということについて

この記事は考察や個人的な考えに基づいて作成します。

よって私のことが嫌い、あるいは批判的な意見などに耳を傾けたくない人は読むのを控えていただきますようお願い致します。

注意する特徴について

昨今の接骨・整骨院などは本来の治療範囲を超えるような提案をしてくるようなことが多くなってきています。

・〇〇矯正
・浮腫みとり
・美〇

などなど
挙げればキリはありませんが、接骨・整骨院で働くべき資格として範囲外の内容が上述に挙げられます。

中には本当に短期的な効果などを齎してくれるサービスを提供してくれるかもしれませんが、前提として私らの資格には上述する内容については一切学んでいません。

民間資格やスクールなどで習った内容を実践しているかもしれませんが、
技術や知識に大きな差や偏りはあることは容易に考えられることが1つです。

そしてこれらの内容については、一度行ったからといって継続的に効果が続くものはありません。

継続的な利用が前提なサービスとなるため、その金額を支払い続けることが必要であります。

一度体験を。と思われるかもしれませんが、損をすることが嫌いな人は利用されることをお勧めしません。

どちらにせよ戻ってしまうため、時間と金銭が消費されるだけと考える方が良いのでしょう。

接骨・整骨院に通うなら

病院に行くまではないが怪我をしてしまったから、という内容で通う方が望ましいと思われます。

従来の通い方にはなりますが、提供されるサービスの内容や持ち得ている知識や技術からすると美容や整容面での利用よりも「痛み」をある程度なんとかするために活用する方がおススメです。

その痛みも数年続いている「慢性」的なものだと「受領委任払い」という院内で活用できる方法が利用できません。

つまりは保険証などを利用することは出来ないため、どういう時に行くべきなのか?を次項にて案内します。

骨折・脱臼・打撲・捻挫

柔道整復師という資格上これらを取り扱うために勉強し、知識や技術を磨くものになります。

骨折時は受傷したその日や病院などでリハビリなどのためにそれらの施設への紹介状がある場合は利用されてください。

脱臼に関しても骨折と同様の内容になります。

応急的な処置と固定している包帯などの巻替え、リハビリなどが提供されますので、
必要に応じて利用できます。

そして、打撲や捻挫に関してはほったらかしていても痛みはとれてくるものですが、
運動時の支障やその後の再受傷などが困る方はご利用されてみてください。

痛みに関する施術だけではなく、受傷する前の身体パフォーマンスを取り戻すサービスを受けることが出来ます。

まとめ

従来通りな接骨・整骨院に通う理由は上述した通りになります。

最近業界で流行っている矯正や美容、整容などのサービスに関しては、
サロンなどのそれのモノと比較し、冷静にサービスを受ける必要はあるのかと思われます。

しかし、中にはそれらの垣根を超えキチンとサービスを提供する院も出てきているのかもしれません。

このブログを読んで頂いている方々はエビデンスに関して一定の信頼を持っているかと思われますので、勧められた際に質問してみてください。

「その方法にエビデンスや統計的な有意差はありますか?」と。