【やってみている】医療従事者KeiSがやっているストレッチについて【概要】

今回はセルフストレッチについて

普段ストレッチしていますか?

体の硬さにコンプレックスがある私は毎日ストレッチをするようにしています。

コンプレックスがあるのは、
・股関節
・肩関節
の2か所の硬さ。

巷で流行っている開脚なんて出来なければ、背中で手を握手することなんてできません。

では、このコンプレックスによって何かしらの身体的障害が起きているのか?
と聞かれますと「いいえ」となります。

肩凝りなんて感じていなければ、腰痛もありません。

そんな状況である私が自身のコンプレックスを解消するためだけに始めたストレッチについて、どのような方法がよかったと言えるのか?ということを紹介します。

やってみた方法

・ダイナミックストレッチ
・スタティックストレッチ
の2種をそれぞれやってみました。

ダイナミックストレッチに関しては運動前のパフォーマンスを向上させるために実施されることがほとんどなもの。

スタティックストレッチは一般的にストレッチというものに属するものになります。

これらの厳密な定義などに関しては別記事に書いたことがありますので、ここでは割愛。


書物などでは、基本的な解剖学、生理学は勿論、新体操、バレエなどの柔軟性を求められる競技で行われているストレッチをやってみました。

他にはヨガなども実践しています。

体をやわらかくするとは?

筋肉を伸ばすことがストレッチになります。

それ以外にストレッチとは?と言われても、効果の云々を語るぐらいにしかならないと思いますので、シンプルに筋肉を伸ばすことということに尽きるのかと考えます。

では、体をやわらかくする前に「個人差」という壁が柔軟性を求める中に出てきます。

この個人差というものには、
・骨格
・靭帯などの弛緩性
・筋肉の種類や長さ
これらが差として付き纏ってきます。

私としては靭帯は緩めであり、平均的なヒトよりは関節の可動域は広い方と言われていました。

私の場合は必要以上である可動域を求めるストレッチを行っているということになります。

さて、前置きが長くなっていますがどういった方法を行っていくと、柔軟性が上がっていくのか?ということについて語ってみます。

おススメできる方法

・呼吸法
・マッサージ
・体を温める

「呼吸」に関しては筋肉の緊張などに関わってくるものであるために、ストレッチを実施する際は「脱力」を得るために呼吸は欠かせないものとなります。

吸って吐く。

これだけでも良いような気がしますが、大事なのは「脱力」だと思いました。

次に「マッサージ」ですが、筋肉の伸張をするためのマッサージ、血流を良くするためのマッサージなどをすることはおススメできるのかもしれません。

セルフだとフォームローラーやボールなどを使うことがありますが、伸ばしたい筋肉の位置や力の入り加減などから、セルフでやるよりもペアで行う方が大事なのかもしれません。

私はセルフで筋肉を緩める手技などを行いますが、周りにそういうことが得意な人がいればお願いすることも良いのかもしれません。

そして、「体を温める」ことに関してはお風呂などを活用してみてください。

劇的にストレッチ性が上がるわけではありませんが、少しずつ可動域が広まっていきます。

おススメ出来ないもの

・脊髄反射を誘発するような方法

脊髄反射の中に「伸張反射」という反射があります。

これは筋肉が伸ばされる際に、それ以上伸びると傷つく!ということを予防する際に起きる反射と言われていますが、ペアストレッチやセルフストレッチ、そして道具を使ったストレッチなどでこの反射はバチバチ起きてしまいます。

「痛い!」

となっているとこの反射は起きてしまっているので、
筋肉を伸ばすというよりは、筋肉を傷める運動となってしまっていることがあります。

ストレッチの生理学

ストレッチ時には、脊髄反射のうちの「伸張反射」などの反射行動を如何に抑制できるのか?ということが課題となる。と言われています。

「相反性抑制」とも言われている脊髄反射を抑制するメカニズムがありますので、
それらを上手く使うことが必要となってくるのかもしれません。

端的にお話しますと、伸ばしたい筋肉と反対の作用がある筋肉を使う。ということ。

まとめ

今回は自分でやってみているストレッチについてアレコレと書きました。

具体的な伸ばし方などについては別記事で。

しかし、ストレッチは数秒で伸びる!という触れ込みも見かけますが、
それなりに時間は要しますので、簡単に達成できるものでもない。ということ。