Recommended articles

【まとめ】医療関係に就職したい人に勧める勉強本について

今回は今から医療関係の仕事を目指す人におススメする勉強本について これから勉強しよう!勉強している!という人におススメする勉強の時に使った本たちを教科別ごとに記事にしていましたので、まとめて紹介します。 基礎医学 ・ 解剖学 ・ 生理学 ...

How to enjoy this blog!!

このブログには多くの専門用語が使われていて、
知らないと70%は損をしていると思われます。

100%楽しんで頂くためにこのページでは、ブログ内の言葉を解説します。

※順次更新


・臨床家
→医療をサービスとして提供する医療従事者、つまりは医療を仕事とする人です。

・柔道整復師
→国家資格の一つ。柔道が起源になっています。
 柔道整復師法に基づいた業務ができる資格。
 柔道整復術を使える医療関係者は医師のみ。

・手技
→マッサージと同じ意味になっています。
 柔道整復師の場合は、柔道整復術といって骨折や脱臼を整復、元通りの状態にする手法のことをそういっていたそうです。

・捻挫
→関節をひねって負傷することです。軽微~重症はねんざをした時の状況によります。

・筋トレ
→筋力トレーニング。普段使っている筋力をさらに強くする練習のこと。

・メディカルトレーナー
→西洋・東洋医学の知識を持ってスポーツ選手にサービスを提供する人。
 競技を教える人ではありません。

・治癒
→痛みが無くなることです。完全に治ることを完治、元の原因から改善することを根治と言います。

・整骨院・接骨院
→柔道整復術を使って、サービスを提供する場所です。
 医療関連施設でもなければ、医療チームにも属していません。

・ストレッチ
→こわばりのある筋肉を伸ばすことです。

・エビデンス
→根拠のこと。レベルが低いと根拠性が低いと捉えられます。